あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症などの皮膚疾患」「花粉症などのアレルギー疾患」 「自然妊娠できない」「子宮内膜症・月経異常などの婦人疾患」「糖尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・咳・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面・筋などの麻痺・痙攣疾患」 「鬱・躁病・パニック障害」「潰瘍性大腸炎・過敏性腸症候群などの消化器疾患」「バセドウ・橋本病などの甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の《根本治癒》を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院のコンセプト、理念、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087-887-1466にどうぞ。
<< 新型コロナウィルス緊急事態に関する診療再開について(5/8〜) | main |
『食後高血糖/頭痛』【治験例2】|あん鍼灸院
0

    あん鍼灸院は、患者様の症状を一時的にとる治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり再発しないように”根本治療”することが最も大切であると考えています。そのために体と病、および経絡の気を診て鍼術で「気の調整」(患者様の気、すなわち皮膚を流れるエネルギーの不足を補い、過剰を抜き去り、または気の働きを妨げる邪気を取り除き、そして気の滞りを流し、全身の「気の動態平衡」を図り生命を統制すること)をする治療をしています。
    ここでの治験例は症状の治癒経過を記し、内容については個人情報保護法を遵法し一部、割愛します。

    1.主訴
    食後高血糖/頭痛


    2.患者様
    40歳代前半 女性

    3.現病歴と症状
    1)頭痛

    2ヶ月前から頭痛が起こり出した。こめかみがズキズキし、目の奥が痛い。午前5時頃、頭痛が起こり出し、午前6時半くらいに鎮痛剤を服薬している。午前11時、さらに午後6時頃に頭が痛み出す。1日3回、服薬している。鎮痛剤は欠かせない。これは「偏頭痛」で、後頸部から頭部にかけての筋膜の凝りからくる「緊張性頭痛」ではない。

    2)食後高血糖

    食後血糖値が血中150~220mg/dlくらいに上昇する(食後2時間後血糖の正常域;140mg/dl未満、空腹時血糖の正常域;100mg/dl未満)。食後高血糖体質になっている。HbA1cは5.6〜6.0で正常である(正常域;6.5以下)。糖尿病が多い家系という。

    東洋医学の鍼で治したいと来院されました。

     
    4.治療結果

    (1回目)脈診と腹診、および問診等に基づいて、鍼術を以て経絡に対し気の調整を行なう。病は「体質改善」して根本的に治すことが鉄則だと2千年前から言われています。病にはそれを引き起こす「原因」(結果ではない)が必ずあり、それを取り除くことが「体質改善」です。
    鍼は細く柔らかい直径0.15ミリ程の銀製鍼(ディスポーザー)を使い、皮膚に0.1〜0.2mm程、非常に浅く刺して気の調整を行う。しかし、患者様に鍼を刺された感覚はありません。そこで行う「気の調整」が当院の最大の特徴です。肘から先の経穴(つぼ)と膝から下のそれを使い、鍼を以って皮膚全体に広がる気のネットワークの「動態平衡」を修正し、生命を統制します。この患者様は、健康を維持する動態平衡が崩れて発症しています。鍼術は経穴に鍼を刺して抜くだけでは、症状を一時的に和らげることはできても根本治癒は難しい。根本治癒には「気の調整という鍼術の手技」が必要で、施術者の身体を通して指から患者様の体に作用します。鍼はあくまで、患者様と施術者の精密な連絡橋です。

    (2回目)早くも治療翌日の昼頃から頭痛がなくなった。今も痛くない。

    (6回目)目の奥が痛み出しそうになるが、すぐ治る。

    (15回目)頭痛がまた出てきた。しかし、今回のみで、それ以降、頭痛が消失している。しかし、眩しいというので瞳孔の左右差を診た。そうすると瞳孔の開きが左右で差がある。小学5年性からあり、患者様自身で気づいたのは20歳頃である。ピントを合わせにくい。トンネルを抜ける時に眩しい。テニスのボールをスマッシュしようとした時、室内の天井からの光でボールが眩しくぼやける。「散瞳」である。片方の眼の瞳孔が開いたままになって眼に入ってくる光の量を調節することができにくく眩しく感じる。この症状は良くある(【外傷性散瞳【治験例1】)。

    (21回目)散瞳による眩しさを感じなくなった。ピントも合わせやすくなった。

    (26回目)月経直前から前半にかけての生理痛がなくなった。月経1日目がもっとも痛かった。

    (31回目)HbA1cを測定したところ、6.0であった。正常である。

    (33回目)他の自覚症状が、次第に減少している。

    (39回目)食後血糖値(昼食2時間後)が150〜220mg/dlとまだ高いが、その他の症状は全くなくなった。

    (41回目)食後高血糖以外の全ての自覚症状も脈の変動もなくなった。根本治癒が近い。

    (43回目)食後2時間後血糖値が110〜120mg/dlに低下した。脈の変動は4回続けて平常(血液が層流をなして流れている)を維持している。図1を参照すると、食前血糖値(青色折れ線グラフ)は血中110mg/dl付近を推移して安定している。当初、昼食2時間後の血糖値は150〜220mg/dl付近にあり、食後高血糖体質をあらわしていた。42回目の治療以降、図では3/16〜19にあたり食後2時間後血糖値は、ほぼ110〜140mg/dlに低下している。食後血糖値が正常になりつつある。このデータは患者様ご自身が昼食前後の血糖値を測定したものです。患者様がいうように、家系に糖尿病の人が多いということで、その体質を持っていた。つまり、将来、糖尿病になる可能性が高かった。これまでの体質改善治療で『根本治癒』ができているので、将来、それはないと言える。

    (図1.食前・食後血糖値の推移)

     

    (44回目)4/18、1ヶ月後の治療。体調はすこぶる良い。頭痛はずっと起こっていない。体重が1ヶ月前から2Kg減少した。症状は何もなくなり根本治癒している。本日で治療を終了した。半年に1回くらい、検診のつもりで脈チェックをしてゆくとのことです。

     

    (さらに1ヶ月後)5/10、患者様に昼食前および昼食2時間後の血糖値などを測定していただいた。昼食前血糖値(午前11時)は111mg/dl、昼食後2時間後血糖値は136mg/dlであった。夕方17時は97mg/dlであった(図、5/10参照)。患者様は食後2時間血糖値が当初、200を越えることがあったので、すごく改善しているとおっしゃっていました。これで安心です。


    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者様へ)

    *************
       脈診調氣鍼法はり専門
        あん鍼灸院
        予約;087-887-1466

    *************

    | あん | 『機↓況薪尿病』 | 17:14 | comments(0) | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      あん (06/11)
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      aya (06/10)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (05/04)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      あん鍼灸院 (05/03)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      あん (03/22)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE