脈診あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「不妊症と婦人疾患(子宮内膜症等)」 「爪甲剥離症」 「顔面神経麻痺」 「気の障害」 「免疫・アレルギー疾患」 「ヘバーデン結節症」 「耳鼻咽喉・口舌・眼の疾患」「消化器・泌尿器の疾患」 「神経・関節の疾患」「血管の疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087ー887ー1466 にどうぞ。
<< 謹賀新年 2016年 | main | あん鍼灸院で「間質性膀胱炎」が治った【治験例3】 >>
あん鍼灸院で『不妊症/無月経・無排卵』が治った【治験例29】《自然妊娠》
0

    あん鍼灸院で『不妊症/無月経・無排卵』が治った【治験例29】《自然妊娠》

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て鍼術で「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は症状と治療経過を中心に、詳細な治療方針は省略しています。なお、内容は個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

    1. 主訴
    不妊症無月経・無排卵

    2.患者様
    30歳前半

    3.初診
    2015年4月

    4.現病歴と症状
    1)2年前から病院で不妊治療(病院でいうタイミング法)をしてきた。昨年春から1年間、卵胞ホルモン剤、黄体ホルモン剤、排卵誘発剤の投与という一般的な治療をずっと続けてきた。当年、秋に妊娠したが、6〜7週目で流産した。心拍は確認できていない。この後、流産の手術をしてから月経がなくなり排卵もしなくなった。
    2)服薬前、月経周期は35〜40日、排卵までの低温期は20〜25日であった。
    3)基礎体温は、高温期と低温期の二層を形成していない
    4)体外受精移殖や人工授精は、これまでしていない。
    5)年間、2回くらい頭痛が起こる。それは、小学時代から続いている。痛む場所は側頭部である。
    病院では、今月も服薬して不妊治療をすることになっていたが中止し、鍼灸治療で体質改善して自然妊娠したいと来院されました。

    治療結果
    (1回目) 脈診と腹診、および問診等から体と病、および経絡十二経の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身の気の調整を行う治療を開始。よく体質改善と言われますが、妊娠がなかなかできないのは、その原因となる病因が必ずあります。その病因を治すことが治療の目標です。
    さらに基礎体温は、低温期には低く抑えられ、その間、卵子を育て、卵子が育てばそれを包む卵胞の爆発という排卵が起こり、続く高温期には体温が上昇し卵子の成長と卵子からの血管を子宮内膜に根をおろす着床が起こる。それが起こらないときには月経が起こるという循環を取り戻すとが大切です。
    (4回目)流産以降、初めて月経があった。早い。
    (5回目)2週間後、排卵検査薬で陽性が認められた。基礎体温は36.7度。自宅での灸を始めた。
    (6回目)排卵後の高温期には体温が上昇して37.3度もあった。基礎体温曲線は正常になってきた。
    (7回目)治療開始後、2回目の月経があった。
    10回目)まだ排卵がない。まだ低温期である。生理が始まって、もう1ヶ月になる。
    (12回目)5週間かかってようやく排卵があった。基礎体温が36.8~36.9度に上昇して維持している。
    (外因性と内因性の病因について)この患者様の病因は、外因性です。外因性の病は、東洋医学では「陽病」といい、内因性のそれは「陰病」といいます。外因性は細菌やウィルスによる病気だけをいうのではなく、自然界の気圧や湿気、暑さ、寒さ、乾燥、大気汚染などによって起こる病気を言います。さらには、過労や食あたりも外因性に扱われます。外因性と内因性の病に対する東洋医学での治療は全く違います。大変、大きい違いがあります。病気は、このことをきちっと分けて治療をしないと治らないのです。
    (13回目)排卵から11日目、妊娠検査薬で調べると陽性が出た。病院でも、その後、血液検査で陽性と診断された。自然妊娠でした。ご自分でしていた灸を中止した。
    (15回目)赤ちゃんの心拍が見えた。7週目。自然妊娠に至る治療時間が大変、短かったのですが、外因性の病因が早く低減したためと思います。今後は、この病因が完全に治癒するように治療を継続しました。
    (17回目)右足にかゆい発疹が出てきた。
    (18回目)発疹が消えてきた。
    (19回目)発疹はない。病因を示す脈状が変わり、その変化がなくなり綺麗な脈に戻っていた。
    (20回目)16週目。赤ちゃんの体幹は約10cm。治療を終了した。2016年3月に出産予定。

    体全体の「気・血・水」を統括するネットワークである『経絡』の機能が正常に働いていない状態、つまり、体が健康でない状態では妊娠することがなかなか難しい。まず、きちんと不妊の原因を根本的に治すことが、どうしても必要です。
    この患者様は、治療の結果、月経と排卵が正常に機能しだし、すぐに妊娠されました。さらに、長期にわたるホルモン療法がもたらした体質変化と子供の頃からずっと在る病因が不妊の原因だったとわかります。

    あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例まとめ1】
    あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例まとめ2】
    あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例まとめ3】
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その1)
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その2)
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その3)

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者様へ)
    *****************
      脈診流調氣鍼法はり専門
      あん鍼灸院
      予約:087-887-1466
     香川県高松市木太町1247-11
    *****************

    | あん | 『不妊症と婦人疾患』 | 20:47 | comments(1) | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2016/03/02 11:19 PM |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      あん (06/11)
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      aya (06/10)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (05/04)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      あん鍼灸院 (05/03)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      あん (03/22)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE