あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症などの皮膚疾患」「花粉症などのアレルギー疾患」 「自然妊娠できない」「子宮内膜症・卵巣嚢腫などの婦人疾患」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・咳・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面などの麻痺・痙攣疾患」 「鬱・パニック障害・自律神経失調症」「過敏性腸症候群などの消化器疾患」「バセドウ・橋本病などの甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の《根本治癒》を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院のコンセプト、理念、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087-887-1466にどうぞ。
<< 『自然妊娠できない』【治験例22】《自然妊娠》|あん鍼灸院 | main | 『自然妊娠できない』【治験例24】|あん鍼灸院 >>
『自然妊娠できない』【治験例23】|あん鍼灸院
0

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために鍼灸術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

    1. 主訴
    不妊症

    2.患者様
    30歳代前半

    3.初診
    2012年9月(体外授精移殖による妊娠;2013年7月)

    4.現病歴と症状
    1)病院で不妊治療(タイミング法と人工授精2回)を6年前から行っているが、妊娠できない。
    2)3年前から体外授精移殖を4回行った。その4回のうち、2回目に妊娠したが8週目で流産した。現在、病院に4個の受精卵を凍結保管している。
    3)移植する際、子宮内膜が厚くならない。また、卵胞の成長が遅いと言われている。
    4)汗が頭にパッと出ることがある。
    病院治療はしばらく休み、当院で鍼灸治療をして妊娠ができる体質にしたいと来院されました。

    5.治療結果
    (1回目) 脈診と腹診、および問診等から体と病、および十二経の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身の経絡調整を行い、治療を開始。よく体質改善と言われます。妊娠がなかなかできないのは、その原因となる「病因」が必ずあります。その病因を治すことが目標です。
    (9回目)汗がパッと出なくなった。鍼治療は以下、同じ証(治療方針)で行う。
    (16回目)継続治療。病院では翌2月に移殖をすることが決定した。
    (19回目)継続治療。先日、移殖。子宮内膜の厚さは7ミリであった。子宮内膜の厚さが薄い傾向にある。
    (20回目)今回の体外授精移殖では、残念ながら妊娠できなかった。継続治療。
    (29回目)生理があった。この5月は、基礎体温がきちんと低温期と高温期に分かれて2相を形成していた。低温期の体温は36.5度近辺、高温期のそれは37度であった。そろそろ次の移殖をしても良いと判断しました。脈は、変調している経絡が正常な状態に戻っていました。これを体質改善と言います。この後、6月に再度、移殖をすることになった。
    (31回目)病院で先日、移殖を行った。凍結をしていた8分割卵を使用したとのこと。子宮内膜厚は前回と同じ、7mmでした。
    (32回目)患者様が検査薬で調べたところ、妊娠陽性の反応がでた。基礎体温は37度である。
    (33回目)病院で血液検査をした。判定はプラスで着床していた。5週目であった。
    (34回目)6週目。心拍が見えた。
    (36回目)8週目。胎児は20ミリ。
    (37回目)10週目。胎児は順調に成長している。胎児は28ミリ。患者様の申し出により、今回で治療を終了した。

    「基礎体温」が患者様の状態を表すバロメーターです。従って、この基礎体温がきちんと低温期と高温期を構成し、2相状態になっていることが重要です。とかく、病院では、体外授精や人工授精の時にあまり基礎体温を考えていないように思います。ホルモン療法を行うので基礎体温は関係ないというドクターの声を聞いています。それでは、体の気血を統括するネットワークである経絡の機能が働いていない状態のまま、つまり、体が正常な状態にないまま移殖などを行うことになります。妊娠はなかなか難しいと思っています。まず、きちんと原因を治癒させ、基礎体温を低温期と高温期の2相にもってゆきましょう。それをまもりながら原因を取り除けば、必然と基礎体温は正常に戻ります。それが、最低必要です。
    また、当院では14週から16週までの治療をお勧めしています。それは、3、4ヶ月目で「心」(現代医学の 心臓)と「小腸」(小腸)の気が盛んになり、心臓が完成するからです。前の流産は8週目で心臓がきちんと形成できなかったことに寄るものです。従って、14週以上を目標に治療を続けられることが、良い結果を生むと考えます。

    翌年の6月に誕生したお子様と当院を訪れて頂きました。可愛い男の子でした。お名前を聞いたところ、正にご両親の今の気持ちを命名に書き込んだという素晴らしいお名前でした。

    あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例まとめ1】
    あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例まとめ2】
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その1)
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その2)
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その3)

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者様へ)

    **************
     脈診流調氣鍼法はり専門

     あん鍼灸院
     予約:087-887-1466
    ************** 

    | あん | 『自然妊娠できない』 | 01:33 | comments(0) | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      あん (06/11)
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      aya (06/10)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (05/04)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      あん鍼灸院 (05/03)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      あん (03/22)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE