あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患」 「不妊症と子宮内膜症」「掌蹠膿胞症」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面麻痺などの神経疾患」 「鬱・パニック障害・自律神経失調症」「過敏性腸症候群などの消化器疾患」「甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:〇八七(八八七)一四六六 にどうぞ。
<< あん鍼灸院で「顔面麻痺(末梢性)」が治った【治験例6】 | main | あん鍼灸院で「顔面麻痺(末梢性)」が治った【治験例8】 >>
あん鍼灸院で「顔面麻痺(末梢性)」が治った【治験例7】
0

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために鍼灸術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

    1.主訴
    顔面神経麻痺(末梢性)

    2.患者様
    40歳代前半 男性

    3.初診
    2014年3月

    4.現病歴と症状
    1)1ヶ月前に発症。当初、顔面に麻痺が起こり、口唇、眼などが下垂して眼を閉じることができなかった。鼻も詰まって息がしにくかった。
    2)翌日、地元の総合病院に行ったところ「右側顔面神経麻痺」で重症と診断された。治療はステロイド剤を服用した。7日間、治療を続けても麻痺は治らなかった。ドクターから「重症で、薬の反応が遅い。どこまで回復するか不明。この顔面神経麻痺は治らない。後遺症として残る」と告げられた。それ以上の治療はなかった。ドクターから「絶対に鍼治療には行かない様に念を押された。過去に患者が鍼治療をして悪化したと言っていた」とのことだった。この病院の患者の方は、鍼灸院で電気パルス治療、または電気通電鍼を受けたためと推測します。電気パルス治療や電気通電鍼は病院や鍼灸院の一部で行われている治療だが、これは顔面神経麻痺を悪化させることは現在、常識になっている。それでも病院や鍼灸院で行っているのは問題がある。一般の鍼経路治療は、こういうことはありません。
    現在の症状は次の通り。
    a)眼;右麻痺側は、完全に眼を閉じることが出来ない。まばたき時、右側は閉じない。眼を閉じる時、兎眼(眼球が上に向く)になる。右側の眉が下がっている。
    b)額の皺;額に皺を作ろうとしても右麻痺側に皺が出来ない。
    c)口唇;右麻痺側の上下口唇間が閉まらず、さらに口角が下がっている。うがいをすると口から漏れる。口笛を吹くことができない。
    d)聴覚;耳鳴りがある。カーンとかカシャカシャという音が反響して、さらに大きく聞こえる。
    e)味覚;味覚は分かり、異常がない。
    f)涙腺;涙がずっと出るときがある。
    病院の治療では良くならないことが分かり、ネットで調べて県外から当鍼灸院に来院した。

    5.治療結果
    (1回目) 脈診と腹診、および問診等から体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身経絡の気を調整し、鍼治療を開始。
    (3回目)前2回の治療で早くも効果が出て顔のこわばりが良くなった。口笛が少し吹けるようにもなった。今回の治療も同じ方針で行った。以下、同治療。
    (6回目)これまで右麻痺側の眼瞼が下垂気味で苦痛だったが、上がってきて、まばたき時にも閉じるようになった。眼を閉じる時の兎眼がなくなってきた。右側の眉も上がってきた。かつ、顔が引っ張られるような感じも楽になってきた。
    (7回目)大変良くなってきた。顔面神経麻痺の症状は、以下のようにかなり改善している。
    a)頬;右頬の引っ張られる感じがなくなってきた。
    b)額の皺;額の皺を強く作れる。
    c)口唇;口笛を完璧に吹くことができるようになった。水が口から漏れることは全くない。しかし、口唇は右側に引っ張られて歪んでいる。
    d)涙腺;涙は普通に出る様になった。たらーと出ることはなくなった。
    e) 聴覚;音が反響しなくなった。
    (9回目)口唇は右側に引っ張られて歪んでいる。この症状だけが、残っている。他の症状は改善した。
    (11回目)口唇の引きつりが全くなくなった。これで顔の違和感がなくなった。
    (12回目)経絡の変動が前回から無くなっている。これを以て、治療を終了した。

    病院での治療は、ステロイド剤の投与です。しかし、これでは「顔面神経麻痺」を治すことができません。ご自身の治癒力だけでも良くなりますが、かなりの方に後遺症が残ります。口角や眉、瞼が片側だけ下がっている方を見かけますが、これらは後遺症です。目に見えなくても、唾液がでないとか、涙が出なくてドライアイになっているとか、逆に涙が流れる、食べ物を噛むと涙が出る、頬が引っ張られるなど、日常の生活に支障をきたしている方が多いように思います。発症当初はあわてて病院へ行くと思いますが、すぐに当院の鍼灸治療をお受けください。それが、最も確実で安全です。電気パルス治療や電気通電鍼は病院や鍼灸院の一部で行われている治療ですが、これが顔面神経麻痺を悪化させるのは現在、常識です。治療が不適切で、症状が慢性化し、後遺症が残っている方も遅くはありません。発症から時間が経つ程、治る速さは遅くなりますが、鍼治療で治癒します。
    また、『顔面神経麻痺』が「鍼治療」で完治することも常識です。

    あん鍼灸院で『顔面麻痺(末梢性)』が治った【治験例まとめ1】

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者様へ)

    | あん | 『顔面神経麻痺/痙攣疾患』 | 00:22 | comments(0) | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      あん (06/11)
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      aya (06/10)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (05/04)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      あん鍼灸院 (05/03)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      あん (03/22)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE