あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎・花粉症などのアレルギー疾患」 「自然妊娠できない」「子宮内膜症・卵巣嚢腫などの婦人疾患」「掌蹠膿胞症」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・咳・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面麻痺などの神経疾患」 「鬱・パニック障害・自律神経失調症」「過敏性腸症候群などの消化器疾患」「バセドウなどの甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の《根本治癒》を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院のコンセプト、理念、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087-887-1466にどうぞ。
<< 香川県文化遺産「栗林公園」|あん鍼灸院 | main | 『自然妊娠できない』【治験例23】|あん鍼灸院 >>
『自然妊娠できない』【治験例22】《自然妊娠》|あん鍼灸院
0

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために鍼灸術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

    1. 主訴
    不妊症

    2.患者様
    30歳代前半

    3.初診
    2013年10月(自然妊娠;2014年4月)

    4.現病歴と症状
    1)結婚して3年になる。病院で不妊治療(タイミング法)をしていたが、妊娠できなかった。次いで、人工授精を8回行ったが、それでも妊娠できなかった。
    2)さらに体外授精移殖を勧められ、採卵をしたが授精せず、また授精しても細胞分裂をせず成長しなかった。中には卵子がない空胞もあった。病院では未熟卵のためと説明があった。
    3)今では自然排卵しているか不明である。
    4)冷え逆上せがある。手や顔が熱くなる時、下半身が冷える。
    5)生理中、腰痛が起こる。
    6)内膜ポリープがあり、今年2月、病院で摘出手術をした。内膜ポリープの再発を心配している。
    7)生理が長く8日くらい続く。
    8)現在、採卵のためのホルモン療法で卵巣が腫脹している。ホルモン剤で強く刺激された卵巣内の残存卵胞が大きく成長しようとしている。そのため、再度、生理を起こすために投薬を受けていた(リセットというようです)。
    鍼灸で不妊の原因を根本治療をしたいと来院されました。

    5.治療結果
    (1回目) 翌年4月頃に、体外授精ではなく「自然妊娠」を目指したいという患者様の意思を確認した。 脈診と腹診、および問診等から体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身の経絡調整を行い、治療を開始。
    (4回目)基礎体温が低いままで当月は排卵がなかったようだ。今後、チェッカーで調べてゆく。鍼治療は以下、同じ証(治療方針)で行う。
    (5回目)生理があった。月経量が少ない。周期は24日。頭痛がある。基礎体温の上昇がなかった。
    (6回目)ずっと体温が低く、値がばらついている。
    (8回目)38日目、基礎体温は36.3〜36.4度で低い。
    (9回目)46日目、まだ生理が来ない。
    (10回目)53日目、まだ生理は来ていない。基礎体温が36.6度から36.95度まで上昇した。高温期に入った。治療は同じ治療方針である。
    (12回目)62日目、生理があった。前月は、生理がなかった。
    (14回目)同じ治療方針で続けている。2月の排卵があった。基礎体温が36.4度から36.7度まで上がった。その後、高温期は36.85〜37.2度に上昇した。
    (17回目)治療が1ヶ月、飛んだ。その間、病院に検査に行ったところ、胎嚢が見えた。初めての自然妊娠がであった。40日目のことである。今日で46日目。
    (18回目)心臓の心拍運動が病院で確認された。7週目である。
    (19回目)9週目。赤ちゃんは21mm。つわりはなかった。妊娠1、2ヶ月間は、赤ちゃんの「肝」(現代医学の肝臓)と「胆」(胆囊)の気(経絡を流れるエネルギー)が盛んになり、その機能が活発に動きだし内臓を形成してゆく。それでつわりが起こり、酸っぱいものが欲しくなる。肝は酸っぱいものを欲する。3、4ヶ月目は「心」(現代医学の心臓)と「小腸」の気が盛んになる。ほぼ9週目以降はこの期間にあたる。自然妊娠は心臓の機能形成に問題が起こりにくいと感じるが、体外受精移殖はこの時期、9週目辺りで心停止が起こることがあるようだ。5、6ヶ月目には脾(膵臓)と胃の気が盛んになる。
    (24回目)14週目。基礎体温は36.75度。脈の異常がないことが確認できたので、本日で治療を終了した。
    この後、8ヶ月目で逆子になったので、一度、来院されました。逆子はほぼ、すべて1回の治療で改善します。心配はいりません。鍼と灸で対処します。
    出産予定は2014年12月(ブログを掲載した月)です。

    この患者様は、『自然妊娠』をされました。ご本人もご家族もこの自然妊娠に驚いていました。東洋医学は、大変、系統的な医療です。現在、患者様の体で起こっている種々の症状をバラバラに診て一つ一つを治そうと考えるのではなく、体と病気、そして気の運行;経絡を系統的に診て、その根本治療の方法を導きだすシステム医療です。その概念は、宇宙から、そして地球上で生まれた生物は、すべて同じ作用(陰陽の作用)を体内に受けており、病気は陰陽の作用(求心的な力と遠心的な力)が原因となって発生しているという考えです。

    (追伸)2014年12月、元気な赤ちゃんが誕生しました。2015年4月に赤ちゃんを連れて、来院されました。可愛い赤ちゃんでした。赤ちゃんは、宇宙からの贈り物と思いました。そして、この地球で育ちます。

    あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例まとめ1】
    あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例まとめ2】
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その1)
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その2)
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その3)

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者様へ)

    **************
     脈診流調氣鍼法はり専門

     あん鍼灸院
     予約:087-887-1466
    **************  

    | あん | 『自然妊娠できない』 | 12:16 | comments(0) | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      あん (06/11)
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      aya (06/10)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (05/04)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      あん鍼灸院 (05/03)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      あん (03/22)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE