あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患」 「不妊症と子宮内膜症」「掌蹠膿胞症」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面麻痺などの神経疾患」 「鬱・パニック障害・自律神経失調症」「過敏性腸症候群などの消化器疾患」「甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087ー887ー1466 にどうぞ。
<< あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】 | main | あん鍼灸院で『めまい』が治った【治験例1】 >>
あん鍼灸院で『不妊症/無月経・無排卵』が治った【治験例13】≪自然妊娠≫
0
    あん鍼灸院で不妊症/無月経・無排卵’が治った【治験例13】≪自然妊娠≫

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”だけではなく、しっかり”体質改善”するまで治すことが最も大切なことと考えています。そのために体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと、さらには生気の滞りを流すこと)をする治療をしています。患者様への1回1回の治療に東洋医学の戦略と戦術を注ぎ込みます。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。
    なお、内容については個人情報保護法を遵法します。

    1. 主訴
    不妊症

    2.患者様
    30歳代後半

    3.初診
    2012年3月

    4.現病歴と症状
    1)20歳始めの頃、ダイエットをしたところ、生理が止まった。22歳の頃、病院を受診した結果、ホルモン剤を注射したり服薬しないと生理が起こらなくなっていた。
    2)3年前に結婚、不妊治療を開始した。2年前にホルモン療法で妊娠した。しかし、35週目、早期胎盤剥離で死産となった。1年前には4週目で流産した。同年、人工受精を2回行ったが、妊娠できなかった。
    3)卵胞ホルモンは通常値であるが、黄体ホルモンは低値である。LHサージがなく排卵ができていない。病院では、排卵を起こすのに投薬して行っている。1〜2年前は毎日のホルモン注射が必要だったが、今は1日置きに4〜5回、それをすれば排卵ができるようになったとのことです。
    4)基礎体温は低温期と高温期の区別が明確でなく、期間内でばらつきがある。
    5)冷え性で下腿部と臀部が冷たく、足先がより冷える。
    6)今後は体外受精移殖を希望されている。
    このような背景のもと、当院で鍼灸治療をしたいと来院されました。

    5.治療結果
    (1回目)脈診と腹診、および問診等から治療方針を決定。鍼で全身の経絡調整を行い、治療を開始した。
    (3回目)自宅での灸治療を加えた。病院での検査にて、両方の卵巣が5cmに腫脹していた。排卵誘発剤の卵巣過剰刺激が原因と思われる。生理前の痛みが激しい。
    (7回目)冷え性がましになり手足が温かい。鍼治療の治療方針は継続している。治療開始からこれまでに排卵誘発剤を使って2度、排卵を起こしている。
    (9回目)3日前に生理があった。これ以降、ホルモン注射を中止した。服薬は継続している。
    (13回目)鍼の治療方針は継続している。この日の5日前、生理(10月)があった。周期28日目であった。これまでは30日位の周期であったが、少し短くなった。30歳前半には、たまに自分の力で生理があったが、不妊治療を始めてからは排卵期も分からない。
    (16回目)10月の生理から服薬も中止している。現在、すべての投薬を体質改善優先の為に中止している。基礎体温が2相にはっきりと別れていない。高温期でも基礎体温が36.1度しかない。基礎体温は低温期状態のままで、さらにばらつきがある。生理も1ヶ月半の間、まだ来ていない。この4日後、生理がきた。50日目だった。排卵はなかったようだ。
    (18回目)生理から10日後の1月5日、再度、出血があり、4日間続いた。別の病院に変更し、検査にゆく。超音波検査をしたところ「卵が何個か成長している、そのうち1個は排卵したようだ」との診断結果だった。即ち、不正出血ではなく、排卵であった。服薬も注射も全くしていない。その10日後、再度、診察を受けた。その結果、「自然排卵したことに間違いない」ということだった。血液検査も異常がなかった。「これまで、生理は薬を飲まなければ起こらなかった、薬を飲んでも排卵がうまく起こらなかった。」と患者様。
    (20回目)治療の前日、生理が起こった。鍼治療は同じ治療方針で行っている。
    (21回目)基礎体温は低温期中で36.3〜36.4度。腰の冷えが楽になった。
    (23回目)4日前、病院に検診に行ったところ、「2月17日か18日に排卵していますね」と言われた。これで2回連続の排卵であった。現在、高温期5日目。基礎体温が37度に上がった。患者様は「凄い、今度も自然で排卵できた。嬉しい。」と驚いていました。
    (24回目)高温期2週目。高温期と低温期がきちんと2相になってきた。これは、今までなかったことだ。脈は大変良い状態で、反応も良かった。
    (25回目)3月4日、病院で妊娠反応を確認できた。自然妊娠4週目でした。ドクターと患者様の会話でドクターから「これはあん鍼灸院のおかげだと思うよ」と言っていただいたのが嬉しい。
    (27回目)赤ちゃんは2.5cmに成長。10週目に入った。過去に早期胎盤剥離があったので注意をして鍼治療を行っている。
    (28回目)お腹が張る異常を訴える。下腹部腱の緊張を取ったところ、翌朝、治っていた。赤ちゃんは3.3cm、11週目で異常はない。
    (32回目)治療最終日。16週目。脈は変動の少ない良い状態になっている。したがって、体質は改善され、2年前の早期胎盤剥離は、もう起こらないと考える。安定期に入れば施灸を開始するよう伝えた。これによって、安産灸になるとともに逆子も防ぐことができる。

    一般的に妊娠確定後、12〜16週目まで鍼灸治療をお勧めしています。
    なお、当院では元気な赤ちゃんを生むために毎日の食事にも注意して生活をするよう、妊娠前、そして妊娠期のどの段階でどのようなものを食べたら良いのかを指導しています。
    以上
    あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例まとめ】
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その1)
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その2)
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その3)

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    「鍼の治療間隔と回数」
    (遠方よりお越しの患者様へ)

    ****************
     脈診流調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     予約:087-887-1466
     香川県高松市上福岡町969−4
    ****************
    | あん | 『不妊症・子宮内膜症』 | 12:27 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      あん (06/11)
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      aya (06/10)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (05/04)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      あん鍼灸院 (05/03)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      あん (03/22)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE