あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症などの皮膚疾患」「花粉症などのアレルギー疾患」 「自然妊娠できない」「子宮内膜症・月経異常などの婦人疾患」「糖尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・咳・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面・筋などの麻痺・痙攣疾患」 「鬱・躁病・パニック障害」「潰瘍性大腸炎・過敏性腸症候群などの消化器疾患」「バセドウ・橋本病などの甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の《根本治癒》を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院のコンセプト、理念、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087-887-1466にどうぞ。
<< あん鍼灸院の営業日・診療時間のお知らせ | main | あん鍼灸院のコンセプト >>
予約と治療頻度
0

    1)予約
    ご予約は電話で;087−887−1466
    当院は予約制です。
    予約の変更やキャンセル、また来院に遅れるときには必ず、ご連絡を下さい。

    2)営業日と治療時間
    診察・予約時間表(ブログ用)2013.10.28.jpg
    3)診察券
    初診の方には、診察券を発行します。次回より診察券をご持参下さい。

    4)治療頻度(根本治療のための予約)
    ご予約は翌日〜5日後を目安にしてください。鍼の効果は、4〜5日継続しますが、その後は減衰します。ですから、最適な次回予約は、5日後と考えて下さい。時間的に無理がある方は1週間後に予約をして下さい。それ以降になると治療効果が続かず、体の状態が元に戻ってしまうことがあります。
    鍼灸治療は、一度でよくなるものではありません。一度の治療で症状が取れたとしても、それは根本的な治癒には至っていません。体の表面に出ている症状が取れたものです。鍼灸治療の効果が上がるよう、また根本的に治癒できるように『継続』してください。『継続』が治癒への近道です。治療の終了は脈診で分かります。

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    (遠方よりお越しの患者樣へ)

    ****************
     脈診流調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     予 約:087-887-1466
     香川県高松市木太町1247-11
    ****************

    | あん | 予約と治療頻度 | 19:04 | comments(12) | trackbacks(0) |
    ご返信いただきありがとうございます。
    やはり治療回数は重要の様子、 一回でも多く治療いただけるタイミングでの帰国の調整をしたいと思います。
    | ほー | 2013/11/10 4:08 PM |
    ホーさん
    お子様の症状は爪水虫ではなく、爪甲剥離と思われます。海外に住まわれていて、2週間の日本帰省中に治療を行いたいとのことですね。
    さて、問題は治療期間が2週間と短いことです。翌日から数えて4日目に治療をする間隔でゆくと4回の鍼治療ができます。強いて3日目に治療をする間隔で行くと5回の治療ができます。大人の場合は、経験上、4〜5回の治療では治癒できません。
    しかし、7歳のお子様の場合、爪の伸長が速いと思われます。治って行く体質改善の速度と爪が伸びる速度が合えば、爪甲剥離が治癒する可能性を捨てきれません。お子様の爪甲剥離の治療はこれまで行っていませんので、治療して経過を診なければわからないというのが結論になります。
    | あん | 2013/10/28 9:13 PM |
    はじめてまして。
    7歳のこどもの爪の剥離の治療についてご相談させていただきたくメールいたしました。
    5ヶ月程前より両手の指の爪が剥離し始め、現在爪の三分の一(爪によっては半分くらい)程白い部分になっています。
    病院から抗白癬菌剤を処方されましたがいっこうに良くなりません。
    当方外国に駐在のため、休暇を利用してそちらの院に伺った場合、2週間ほどの滞在では治療は難しいでしょうか。
    ご連絡いただければ幸いです。
    | ホー | 2013/10/28 5:00 PM |
    ちーさん
    お答えいたします。問題ないと思います。または、それを少し変えて、「最初は2週間に2日連続治療を続けて爪の反応を見ながら、通算10〜12回目位から高松に少し滞在して3〜4日に1回の頻度で治療」されてはいかがでしょうか。
    | あん | 2013/10/09 11:51 PM |
    返信ありがとうございます。
    毎日行ったとしても体が追い付かないというこのですね。

    遠方の方へのスケジュール拝見いたしました。
    再度質問なのですが、2週間に2日連続の治療をするとしても、最初の1週間は4日おきに治療し(つまり1週間の高松滞在中)、その後2週間に2日連続治療でも大丈夫でしょうか?

    お忙しいところすみませんがよろしくお願いいたします。
    | ちー | 2013/10/09 10:19 AM |
    ちーさん
    爪甲剥離症の治療ですね。
    鍼治療は、その効果を4日から長くて5日間持続させることができます。したがって、慢性症の場合、4〜5日毎に治療に来て頂くと最も良い状態で治療ができます。しかし、一般的には1週間毎の治療で充分、効果が上がります。
    ご質問の内容は、7〜10日間の高松滞在中に治療を受けたいとお考えのことと推察いたします。

    ちーさんがお考えの「7〜10日間の高松滞在中の治療」に対して
    1)毎日の治療は効果があるようですが、鍼の作用に対して体自身が行う体質の改善が追いつかないように思われます。つまり、毎日10回治療しても、4〜7日毎に10回治療する場合と比較して劣ると思われます。
    2)2日連続の治療は、この間に4日間隔で行ったとしても4回くらいの治療になります。この場合、体質改善するには回数が不足で症状の緩解には至らないと思います。さらに最短で10日間×2回の滞在が必要になってきます。

    したがって、「遠方からの患者様について」という記事の内容を改めてここでご紹介致します。

    1)近隣の県からの患者様
    通常、鍼灸治療は1週間に2回程度がベストです。しかし、遠方の患者様にはご負担が大きいでしょう。そこで近隣の患者様は『週1回の治療と、患者様自身でできる灸の治療方法をご指導する』のが良いのではないかと結論にいたりました。ご自分で灸をして頂けるならば、鍼灸治療が継続できていることになります。これは、近隣の県から来られた患者さんを治療して至った結論です。

    2)近隣の県以外からの患者様
    近隣の県以外からの患者様は、1)が無理かもしれません。ベターな2例をあげます。

    2)−1.10日に1回(3回位/月)。治療効果は少し下がりますので時間を要するかもしれません。2週間以上あきますと症状や体質が元に戻ります。

    2)−2.2週間に2日連続治療(4回位/月)。名古屋、東京方面の患者様を治療して、意外と鍼灸の効果が継続した方法です。まだ、事例が少ないので明確に良い方法とは言えませんが、この方法で治療してみる価値は充分あると思います。ただし、最低1泊が必要です。

    以上をご参考にお考えください。
    | あん | 2013/10/07 1:00 AM |
    初めましてこんにちわ。
    爪甲剥離症の治療を探していてたどりつきました。関東に在住なのですが、親戚の家が高松市内にある為、治療にうかがおうと思っております。治療頻度について質問なのですが、
    たとえば高松市内に1週間から10日間ほど滞在する場合、毎日・又は2日連続を何度か行うことで、治療効果が上がることはあるのでしょうか?
    それとも、4日に一度ペースと効果は変わらないのでしょうか?
    最長でも10日ほどまでしか高松滞在は出来ない
    と思うので、その間にできるだけ治療効果を高めたいと思い質問させて頂きました。
    よろしくお願いいたします。
    | ちー | 2013/10/06 1:07 PM |
    あん鍼灸院です。
    コメントを拝見いたしました。子宮内膜症は、現在、病院では治らないものとして、生理や排卵時の痛みを解消する為にピルなどで妊娠状態をつくる、または薬で閉経時の状態にする治療?をしています。従って、妊娠はできません。さらに、この治療方法では子宮内膜症は根本的に治らないことがわかっています。
    子宮内膜症や卵巣嚢腫などを症状としてお持ちの方は、その症状が出た原因のからだの体質変化を治す必要があります。そして、その体質変化は、なかなか妊娠できないという症状をも併発しています。つまり、この体質変化こそが根本原因です。どのような体質変化かは脈診で分かります。脈診で分かれば、治療方針が決定されます。当院では、ブログに記載しているような鍼灸術でこの体質変化を根本的に治癒し、子宮内膜症や卵巣嚢腫のような婦人病(症状)を緩解する(正常に戻す)治療を、通常の病気の治療と同じように行っています。治療期間は3.4か月(週1回の治療)です。治癒後は、不妊の一原因がなくなりますので自然妊娠や移植の成功確率はかなり上がります。これらの子宮内膜症や卵巣嚢腫の症状をお持ちの方は、まず、この治療から始めることが大切です。しかし、現代医学では現在、治せません。治療方法は手術でその患部(卵巣など)を切除するくらいと思って下さい。
    さて、通院方法をご心配されていますが、一部の患者様はお子さんと一緒に来られています。待てないようだと治療室内で一緒にいても構いません。平日以外は土曜日に来て下さい。心配いりません。ただ、余裕をみて予約を入れて下さい。ご検討ください。
    | あん | 2013/05/26 12:58 AM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2013/05/25 11:52 PM |
    平成25年度は1月5日から営業を始めます。ご予約はそれ以前からでも構いません。現在、11日以降のご予約が受けたまわれます。
    | あん | 2013/01/01 3:28 PM |
    年始はいつから営業ですか?
    | みかん | 2013/01/01 1:24 PM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2009/04/25 2:48 PM |









    トラックバック機能は終了しました。
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      あん (06/11)
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      aya (06/10)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (05/04)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      あん鍼灸院 (05/03)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      あん (03/22)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE