あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎・花粉症などのアレルギー疾患」 「自然妊娠できない」「子宮内膜症・卵巣嚢腫などの婦人疾患」「掌蹠膿胞症」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・咳・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面麻痺などの神経疾患」 「鬱・パニック障害・自律神経失調症」「過敏性腸症候群などの消化器疾患」「バセドウ・橋本病などの甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の《根本治癒》を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院のコンセプト、理念、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087-887-1466にどうぞ。
『自然妊娠できない/子宮内膜症』【治験例37】|あん鍼灸院
0

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために鍼灸術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(患者様の気、すなわち体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心としています。なお、内容については個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

    1. 主訴
    不妊症/子宮内膜症

    2.患者様
    30歳代後半

    3.現病歴と症状
    1)これまでの不妊治療

    半年前から病院で不妊治療を行なっている。排卵誘発剤やホルモン剤の服用が治療の中心だった。人工授精を2回行なったが、妊娠はできていない。次は体外受精移植を行いたいという患者様の希望がある。

    2)子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞)

    1年前、病院で子宮内膜症が左卵巣にあると診断されて、その卵巣摘出手術を受けている。卵巣は6.5cmになっていた。現在、症状は出ていないが、再発の可能性がある。手術をしても、体質の変動(気の変化)はそのまま残っている。それを解決する必要がある。

    3)基礎体温

    低温期の基礎体温が高い。36.7〜36.9度近くあり、高温期の基礎体温に近い。排卵・月経は正常に起こっている。

    ヒトは妊娠するために、卵子を育て遺伝情報などをきちんと写し込む為に身体の基礎体温を下げて行う(低温期)。その後、排卵。受精が完了するとともに基礎体温を上げて細胞分裂を促進させ、ヒトという個体を形成してゆきます(高温期)。このために、低温期と高温期という二相の基礎体温が不可欠です。低温期が高いと卵子をきちんと育てられず排卵ができません。高温期が低いと細胞分裂が進まず胎児が育ちません。特に「陽中の陽」の臓器と言われる、陽の気が最も必要な心臓がほぼ2ヶ月目(7週目から9週目)に、きちんと形成できません。それを取り戻す必要がある。

    以上のことを、鍼で体質改善をして妊娠できる体質になるように治療を行いました。
     

    4.基礎体温曲線

    4ー1.卵巣・子宮と性ホルモン、および基礎体温曲線の関係
    女性には、一定ではないが約28日毎の性周期が見られます。この最も明らかな特徴は、月経出血です。月経の最初の日を月経周期の第1日目と数えます。卵巣は皮質と髄質よりなる。皮質には「卵胞」と「黄体」がある。髄質は血管組織で占められている。

    卵巣周期は、卵胞期/排卵/黄体期に分かれます(図2段目)。この周期は、図1段目のように下垂体前葉から分泌される2種類の性腺刺激ホルモン(FSH;卵胞刺激ホルモンとLH;黄体形成ホルモン)によって起こります。その性腺刺激ホルモンによって、図3段目のように卵巣からは卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体からは黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。
    性周期

    4−2.  性周期

    1)【4-1.図2段目】卵巣内で原始卵胞(胎生期の卵巣内に約700万個、思春期には約1万個)が発育を開始します。
    2)【4-1.図1・2段目】FSHとLHが調節分泌され、卵胞が成熟します(卵胞期の基礎体温は低温期)。子宮内膜の厚みが増してきます。
    3)【4-1.図1・2段目】卵細胞(卵子)が一定以上の大きさに成長すると、下垂体前葉からの強いLHの刺激(LHサージという)で排卵が起こり、卵胞内の卵子と卵胞液が卵巣外に破裂するように遠心的に放出されます。1回の月経周期毎に卵子1個が成熟し、放出されます(月経初日から約14日目)。この時から基礎体温は高温期を形成し卵子は受精着床後、分裂を繰り返し胎児が成長してゆきます。
    4)【4-1.図2・3段目】排卵を終えた卵胞は黄体に変化します。黄体はプロゲステロンを分泌します。
    5)【4-1.図2〜4段目】妊娠が成功すれば、プロゲステロンは継続して出され、子宮内膜も絨毛をしっかりつくり胎児の成長を促します。妊娠が成立しなければ、黄体は白体へと変わり、その仕事を終えます。このとき、月経すなわち子宮内膜の剥離と子宮からの遠心的排出が発来します。

    しかしながら、この性周期は、あたかもFSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)がコントロールしているかの様に見えますが、ホルモンは狼煙(のろし)で、いわゆる信号(サイン)の様なものです。もっとヒトの本質的なもの、すなわち「哺乳動物」の特徴は、身体が自分の体温をコントロールできることです。卵子をつくる段階では比較的低温で、受精着床後は細胞分裂を繰り返し胎児の成長を促すために高温で維持することが、この周期を達成するためには不可欠です。ヒトには、体温を上げる機能と下げる機能が備わっています。この機能がうまく働かないと基礎体温を微妙に調節できなくなるのです。

     

    4−3.基礎体温曲線の実際

    前述した様に、卵子を丁寧につくる低温期と細胞分裂を盛んに行い胎児を育てる高温期が排卵を挟んで形成されます。基礎体温は簡単にご自身の性周期を知ることができるとともに、その曲線が下図の様に綺麗に二層を形成できているかで、妊娠ができる体質であるかを知ることができます。

    基礎体温曲線が全体に高い、例えば低温期でも36.7度以上あるとか、高温期はもっと高く37度を超えている様な場合です。基礎体温曲線が全体に低い、例えば低温期で36度以下、高温期でも36.7度に達していない様な場合です。また、低温期と高温期の差がなく二層を形成できていない場合、さらには、基礎体温のばらつきが激しく、高温期なのか低温期なのかがわからない様なこともあります。これらの場合、妊娠がなかなかできないのです。そこで、当院の治療は、変動した体温調節機能を気の調整で修復し、正常な基礎体温曲線に戻します。

    病院では、基礎体温を毎日、測定する様な指導はほとんどありません。それは、ホルモン剤の投与を行っていて、基礎体温がホルモン剤によって左右され、患者様の本当の基礎体温が測定できないからです。病院でも真の基礎体温でなく、仮の基礎体温だと説明されている様です。ですから、基礎体温は、ホルモン剤を服用していない状態で測定しなければなりません。一度、服用するとその次の月まで影響します。当院ではその重要さを理解いただいて、毎日の基礎体温を測定しグラフを作成していただくか、スマートホンのアプリ付き基礎体温計で測定していただいています。

    基礎体温曲線

     

    5.治療結果
    (1回目)脈診と腹診、および問診等から体と病、および経脈十二経の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。

    妊娠がなかなかできないのは、その原因となる「病因」が必ずあります。その病因を治すことが治療の目標です。

    鍼で全身の気の調整を行う治療を開始し、患者様が抱える病因を解消する治療方針とした。

    (5回目)排卵したかどうか、わからない。低温期基礎体温は36.7〜36.9度を推移している。低温期に高い基礎体温が続いている。

    (6回目)病院で、ホルモン剤を使用した人工授精を実施した。しかし、妊娠はできなかった。
    (10回目)翌月、排卵があった低温期基礎体温は36.5~36.7度で、排卵後の高温期の基礎体温は36.9〜37.0度まで上昇した。その期間は13日間であった。次月に採卵したい希望がある。基礎体温が正常になれば、行うこととした。

    (14回目)病院で採卵しようとしたが、LH/FSHバランスが不良ということで採卵を中止している。

    (15回目)低温期基礎体温は36.5~36.6度で安定してきた。

      (18回目)病院で採卵をした。3個の胚盤胞を凍結保存できた。

    (22回目)体外受精移植を行なった。

    (23回目)妊娠がわかった。

    (25回目)7週目。心拍を確認できた。

    (27回目)インフルエンザに罹った。10週目。赤ちゃんは2cmほどに成長している。

    (28回目)11週目。3.8cmに成長した。母子手帳が配布された。午後5時以降のつわりがひどくなってきた。吐き気がある。吐くこともある。午前中と夕方が眠い。重いつわりがあるのは、まだ体質変動が残っているということだ。つわりがないと赤ちゃんが元気でないのかしらと思っている方もいらっしゃるが、体質の変動がなければ、つわりは軽い。妊娠中および出産後の体調を考え、体質の変動がなくなるまで治療を継続することとした。

    (31回目)15週目。つわりが軽くなってきた。

    (32回目)16週目。脈の変動が少なくなってきた。

    (34回目)19週目。つわりは少ない。脈の変動がなくなっている。気の変動がなくなり体質改善したと判断し、治療を終了した。赤ちゃんの体重は330グラムとのことでした。

     

    この患者様は、体質改善に至るまで治療をされて鍼治療を終了された方です。妊娠という目標が叶えられた時、どうしても治ったと思ってしまうのです。仲々、わかりにくいと思うのですが、赤ちゃんがなかなかできないとか、子宮筋腫があるとか、下痢と軟便を繰り返しているとか、疲労感が残るなどの症状は、体質変動という気が変化した原因から発症しています。これをきちんと根本治癒させておくことが、今後の日常生活の上で健康な生活ができるかどうかのキーポイントです。驚いてしまうほど、その結果は変わります。そこまできちんと治療された患者様です。

    以上

    『自然妊娠できない』【治験例まとめ1】|あん鍼灸院
    『自然妊娠できない』【治験例まとめ2】|あん鍼灸院
    『自然妊娠できない』【治験例まとめ3】|あん鍼灸院

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者様へ)  

    *************
     脈診調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     087-887-1466
    *************

    | あん | 『子宮内膜症・卵巣嚢腫/婦人疾患』 | 23:24 | comments(0) | - |
    『自然妊娠できない/子宮内膜症・卵管閉塞』【治験例26】|あん鍼灸院
    0

      あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て鍼術で「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
      ここでの治験例は症状と治療経過を中心に、詳細な治療方針は省略しています。なお、内容は個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

      1. 主訴
      不妊症子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞)子宮筋腫、卵管閉塞、無排卵

      2.患者様
      30歳後半

      3.初診
      2014年9月

      4.現病歴と症状
      1)結婚5年目だが、妊娠できない。病院では、不妊治療(人工授精回と体外授精胚移殖回)を行ってきたが妊娠できていない。体外授精胚移殖では、卵子が授精分割しない時があったり、胚移植しても着床できなかった。内膜形成も薄い。
      2)子宮内膜症が卵巣にある(卵巣チョコレート嚢胞)。7年前に病院で診断されている。3年前、子宮筋腫の手術と同時に卵巣チョコレート嚢胞の内容物をかき出す手術をした。
      3)子宮筋腫がある。子宮外側に径10cmの筋腫が1個あった。3年前に腹腔鏡手術にて切除した。
      4)卵管閉塞がある。さらに、卵管が癒着している。
      5)子宮ポリープがある。別の病院で切除手術をしている。
      卵管閉塞も子宮ポリープも臓器に求心性の力が働いているために起こっている(体に働く求心力と臓器からの外へ働く遠心力の均衡がくずれている)。
      6)子宮後屈がある。子宮をつっている紐状の子宮円策に虚実の問題がある。
      7)自然排卵がない。基礎体温をつけているが、排卵が分からない。排卵ができない気の変動がある。
      8)手掌と足裏に発汗がある。夏は足が熱くなり汗がでる。秋から冬は汗がでて冷える。
      9)小学校時代から、ずっと便秘がある。
      10)貧血気味である。
      当院で鍼灸治療をして妊娠ができる体質にしたいと来院されました。体質改善ができれば、体外受精移殖をしたい希望がある。しかし、次回の体外受精胚移植の日程が決まっているという。
      この患者様は、病症がたいへん多い。一部は病院で手術によって切除している。しかし、子宮筋腫を手術で切除しても、卵巣チョコレート嚢胞の内容物を掻きだしても、あくまで症状の一部を切り取っただけで病の原因はそのまま存在する。したがって、脈診からその体質を読み取り、体質改善して健康な体にすることが必要です。

      ところが、たいへん早く妊娠されました。体質が改善されていないのに妊娠されましたので、流産・心臓停止などが起こらないように、また、胎児の成長に問題がないように後追いで体質改善の治療を進めました。

      5.治療結果
      (1回目) 脈診と腹診、および問診等から体と病、および十二経の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身の経絡調整を行い、治療を開始。よく体質改善と言われますが、妊娠がなかなかできないのは、その原因となる「病因」が必ずあります。その病因(上記1)から10))を治すことが目標です。今月末に体外授精胚移殖をする予定になっているとのことでした。臨床経験上、難しいと考えていました。
      (2回目)1回目と同じ治療方針で治療した。足の裏にかなり汗をかいている。
      (3回目)同じ治療方針。2回目の治療以降、3日間続けて大量の排便があった。上半身が熱かった。2日間、夜中に尿をもよおし4回起きた。明日、胚移殖を実施する
      (4回目)夜中の排尿が1回に減った。
      (5回目)継続治療。尿検査と血液検査をしたところ、妊娠の陽性反応がでた。
      (6回目)継続治療。胎嚢が見えた。6週目。手と足に汗を全くかかなくなった
      (7回目)胎嚢19mm、心拍が確認できた。
      (9回目)赤ちゃんが、2cmに成長した。病院で超音波診断したところ、卵巣チョコレート嚢胞の痕跡はなかった。発汗が止まった。冷えもない。子宮筋腫の手術をしているので出産は帝王切開になるそうだ。
      (11回目)継続治療。別の病院の産科に移った。11週目。胎児の大きさは5.1cm。
      (12回目)継続治療。12週目。出血や痛みはない。
      (13回目)継続治療。14週目。すべての脈状ではないが、一番、重大なところの変動がなくなった。
      (14回目)17週目。5ヶ月に入った。脈の重大な変動はもうない。体質は大まかに改善できたと考える。ヘモグロビンは10.5g/dlで大きな問題はない。足は熱くない。そこで、5ヶ月目の安定期に入ったので、治療をここで終了した。
      卵管閉塞と子宮後屈は、病院でも検査していないので不明である。自然排卵も確認できていないが、出産後、確認できるであろう。恐らく、体質改善されたので、この患者様の症状は治癒していると思う。この患者様は2015年6月に出産予定です。現在5月、今、当院で治療されている夫君から「順調」と聞いています。

      体全体の「気・血・水」を統括するネットワークである『経絡』の機能が正常に働いていない状態のまま、つまり、体が健康な状態でないままでは、妊娠がなかなか難しいと思っています。まず、きちんと不妊の原因を根本的に治すことが、最低必要です。この治験例は、体質が改善されないまま、早期に妊娠されましたので、9週から12週目によく起こる胎児の心停止や流産がないように、後から経絡の変動を鍼治療で治療した1例です。

      『自然妊娠できない』【治験例まとめ1】|あん鍼灸院
      『自然妊娠できない』【治験例まとめ2】|あん鍼灸院
      『自然妊娠できない』【治験例まとめ3】|あん鍼灸院
      『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その1)
      『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その2)
      『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その3)

      「あん鍼灸院の治療方針」
      「あん鍼灸院で治る病症」
      「あん鍼灸院へのアクセス」
      (遠方よりお越しの患者様へ)

      **************
       脈診流調氣鍼法はり専門

       あん鍼灸院
       予約:087-887-1466
      **************   

      | あん | 『子宮内膜症・卵巣嚢腫/婦人疾患』 | 22:56 | comments(0) | - |
      『自然妊娠できない/子宮内膜症・卵巣嚢腫』【治験例25】|あん鍼灸院
      0

        あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために鍼灸術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
        ここでの治験例は症状と治療経過を中心に、詳細な治療方針は省略しています。なお、内容は個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

        1. 主訴
        不妊症子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞)卵巣嚢腫

        2.患者様
        41歳

        3.初診
        2012年11月(体外授精移殖による妊娠;2014年3月)

        4.現病歴と症状
        1)14年前、左卵巣チョコレート嚢胞が見つかった。当時、3cm位だった卵巣は、現在、6〜7cmになっている。子宮内膜細胞からの出血が貯まっている。しかし、痛みはない。同じ卵巣に卵巣嚢腫もあった。
        2)7年前、子宮筋腫(子宮線筋症)が見つかった。筋腫は10cmのものが1個、および小さい筋腫がたくさんあった。左寄りの子宮筋層内にあった。腹部が腫れてきたので、昨年の春、10cm位の筋腫を手術で摘出した。手術前にはめまいが良く起こっていた。起き上がろうとすると天井がぐるぐると回っていた。
        3)2ヶ月前、病院で不妊治療(体外授精移殖1回)を行ったが、妊娠できなかった。
        4)基礎体温は、体外授精移植以来、不調である。高温期が生理の後、すぐ始まった。
        5)歩行時、足の裏に違和感があった。
        6)冷え性がある。
        7)瘀血がある。大変、痛い。
        当院で鍼灸治療をして妊娠ができる体質にしたいと来院されました。体質改善ができれば、体外受精移殖をしたい希望がある。脈診からその体質を読み取り、体質改善してゆく必要がある。

        5.治療結果
        (1回目)脈診と腹診、および問診等から体と病、および十二経の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身の経絡調整を行い、治療を開始。よく体質改善と言われるが、妊娠がなかなかできないのは、その原因となる『病因』が必ずあります。その病因を治すことが目標です。この患者様の場合、子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞)と子宮筋腫(子宮線筋症)、および卵巣嚢腫の治療をして『瘀血を治す』ことが妊娠できる近道だと考えます。また、これらに伴って基礎体温を安定させることが大切です。
        (4回目)子宮付近が、お腹を抱え込む程にギューと痛かった。生理痛とは違う痛みであった。2時間後に排便があって、急に治った。生理はなかった。排便痛も無い。
        (5回目)同じ治療方針で鍼治療継続。現在、高温期である。基礎体温が一定になってきた。瘀血の痛みが減少してきた。病院で卵巣を超音波診断で診察したところ、卵巣の大きさが2ヶ月前の10月(治療開始1ヶ月前)は6〜7cmであったものが、今12月は、5.3cmになっていた。瘀血の痛みは弱くなった。
        (8回目)足の指を自力ではほとんど動かせなかったのに、母趾・次趾・中趾が反るように動かせるようになった。
        (9回目)さらに、足のすべての指が動くようになった。瘀血は痛くない。
        (14回目)同じ治療方針で鍼治療継続。翌年、3月に病院で再度、超音波検査をしてもらった。卵巣は左右とも大きさが3cmで正常だった。12月に卵巣嚢腫のようなものもあったが、今はこれが嚢腫かなという程度で十分確認できなかった。子宮筋腫は筋層内に1cmほどのものが1個あった。病院で来月に採卵をすることになった。
        (15回目)遠方よりの通院で、採卵のために1ヶ月間、鍼灸治療を休んだ。再来院10日前に病院で採卵をした。2個採卵できたが、胚盤胞まで分割しなかったので凍結保存しなかったようだ。この後、生理があったが、月経血がさらさらの鮮血だった。以前は黒ずんでいて、固まりもあった。
        (17回目)疲れ易かったが、このところ体の調子が良く、急に元気になったとのこと。今後は暫く自然妊娠も目指すことにした。
        (20回目)鍼治療継続。このところ、基礎体温が低温期に36.0~36.1度だったのが36.4~36.5度に上昇した。また、高温期に36.7~36.8度だったのが37.0度まで上昇した。生理周期は24日。舌の裏の血管が、これまで色が黒く太い血管であったが、鍼治療を進めるにつれて、次第に肌色の血管に変化しきれいになった。これは瘀血が治癒したといえる。それにともなって、卵巣チョコレート嚢胞は治癒したと考えられる。冷たかった手掌が温かくなった。排便が1日1〜2回あり体調が良い。
        (24回目)患者様の母上から「顔色が最近、良くなった。何かしているのか」と問われたそうだ。「鍼をしている」と答えたとのこと。鍼治療継続。瘀血の脈状はなくなっていた。
        (30回目)鍼継続治療。これまで食事中、汗を全くかかなかったが、汗が出るようになった。体が体温調節できるようになったと考える。これまでは、皮膚の汗腺(皮毛という)を調節することがうまくできなかったが、治療によってできるようになり、体質改善している。これから採卵をするが、遠方のため、ほぼ1ヶ月鍼灸治療を休むことになった。
        (31回目)病院で胚盤胞を1個、採卵できたという結果をいただく。鍼治療継続。
        (37回目)来月、胚移殖のため、鍼灸治療を休む申し出があり、ここで中断した。
        この後、体外授精の移殖を実施。妊娠の陽性反応がでたと喜びの連絡があった。4週と3日であった。患者様の都合にて、治療は今回で終了した。

        翌年、3,300グラムの元気な男の赤ちゃんが誕生したと、お写真と共に連絡を受けました。
        患者様は、卵巣の子宮内膜症である「卵巣チョコレート嚢胞」や「子宮筋腫」などがあり、瘀血の症状が出ていました。また、基礎体温も正常ではありませんでした。しかし、鍼灸治療でそれらを根本治癒させることによって、体外授精移殖という現代医学を使ってではありますが、40歳を超えての妊娠が可能になったと考えます。

        『自然妊娠できない』【治験例まとめ1】|あん鍼灸院
        『自然妊娠できない』【治験例まとめ2】|あん鍼灸院
        『自然妊娠できない』【治験例まとめ3】|あん鍼灸院
        『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その1)
        『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その2)
        『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その3)

        「あん鍼灸院の治療方針」
        「あん鍼灸院で治る病症」
        「あん鍼灸院へのアクセス」
        (遠方よりお越しの患者様へ)

        **************
         脈診流調氣鍼法はり専門

         あん鍼灸院
         予約:087-887-1466
        **************

        | あん | 『子宮内膜症・卵巣嚢腫/婦人疾患』 | 20:46 | comments(0) | - |
        『自然妊娠できない/卵巣嚢腫・子宮内膜症』【治験例16】《自然妊娠》|あん鍼灸院
        0

          あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病を根本から治すことが最も大切と考えています。そのために鍼灸術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
          ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法します。

          1. 主訴
          不妊症 卵巣嚢腫 子宮内膜症

          2.患者様
          30歳代後半

          3.初診
          2012年11月(治癒・妊娠;2013年6月)

          4.現病歴と症状
          1)高校時代から生理のときには立っていられず、ひどいときにはよつばいになっていたほどの激しい生理痛があった。生理痛は、お腹の子宮付近のズーンとくる激痛で仕事もできないほどだった。これは20代も続いた。2008年、卵巣内の子宮内膜症である「卵巣チョコレート嚢胞」が見つかり、病院で洗浄後、アルコール固定処理をした。

          2)2010年には、さらに卵巣嚢腫があると診断された。種類は皮様嚢腫であった。右側卵巣が5cmに、左側卵巣が7cmの大きさに腫脹していた。病院では腹腔鏡で両卵巣内層の嚢腫部分を摘出する手術を行った。現在、右側卵巣の大きさは3cm少しであるが、左側卵巣は、子宮に癒着して超音波検査で見えず、さらに機能が停止している。

          3)2012年、地元の病院で人工授精4回を行った。しかし、妊娠はできず、今後、人工授精と体外授精胚移植を行う予定になっている。
          そこで、病院での治療と並行して、当院で鍼灸治療をしたいと来院されました。

          5.治療結果
          (1回目) 脈診と腹診、および問診等から体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身の経絡調整を行い、治療を開始。「卵巣チョコレート嚢胞」と「卵巣嚢腫」が症状としてあり、体質は大きく変動していた。両者を手術したけれども、患者様の体質はそのまま、手術前の状態を引き継いでいた。これらをまず、治療しなければ妊娠はできないものと判断した。1回目の治療2日前に5回目の人工授精を行っている。
          (3回目)鍼治療は以下、同じ証(治療方針)で行う。自宅での灸治療を加えた。
          (4回目)継続治療。患者様に生理があった。しかし、生理痛は全くなかった。5回目の人工授精は妊娠に至らなかった。東洋医学の食養について説明した。
          (6回目)病院で再度、6回目の人工授精を実施した。尚、測定した腫瘍マーカーCA19-9(皮様嚢腫という卵巣嚢腫で高い数値が出るが、あくまで参考値である)は11であった。正常範囲内であった。
          (8回目)生理があった。6回目の人工授精も妊娠に至らなかった。生理の1、2日目は少し痛みがあった。
          (11回目)今周期(2月)も自然排卵があった。前周期の生理から9日目であった。生理時の痛みがなかった。驚いていた。鍼治療を受ける前は、生理の1、2日目は寝込んでいたぐらいだったが、今は1日目が、少し重だるいくらいである。
          (17回目)3月の生理では下腹部の生理痛が全くなくなった。症状の原因をあらわす脈の変動もなくなった。良好な結果である。鍼の治療方針を変更した。卵巣チョコレート嚢胞と卵巣嚢腫を引き起こした体質変動は、ほぼ治癒したものと考える。
          (19回目)再度、7回目の人工授精を実施した。このときの血液検査では、腫瘍マーカーCA19-9は10で正常範囲内、CA125(卵巣がんの腫瘍マーカーだが、子宮内膜症で高い数値を示すことが多いため、補助診断値として用いられている)は数値を告げられていないが、正常範囲内とのことだった。
          (22回目)生理があった。人工授精は今回も妊娠に結びつかなかった。生理痛はやはり、全く無い。
          (27回目)今日、排卵した。排卵直後から基礎体温は37度から37.1度に上昇した。
          (30回目)排卵から35日目になるが、まだ生理が来ない。これまでにこのようなことはなかった。基礎体温は朝、36.4度、夕方には37度あった。
          (31回目)この日、病院で妊娠判定があり陽性であった。胎嚢が2cmに成長していた。”自然妊娠”だった。ドクターは、『これまでなかなか妊娠できなかったのに自然妊娠とは?』とびっくりしていたとのことでした。ご主人も「どうして自然妊娠できたのか、わからない?」と驚いていたとのこと。
          (32回目)9週目。母子手帳がもらえた。心臓の鼓動が見えた。つわり中で、寿司がおいしい。
          (33回目)10週目。つわりがある。赤ちゃんは3cmになった。
          (34回目)11週目、今回で治療を終了した。
          この後、お母様が別の病気で当院を訪れた。その際、お礼の言葉を頂いた。ありがたい。

          『自然妊娠できない』【治験例まとめ1】|あん鍼灸院
          『自然妊娠できない』【治験例まとめ2】|あん鍼灸院
          『自然妊娠できない』【治験例まとめ3】|あん鍼灸院
          『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その1)
          『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その2)
          『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その3)

          「あん鍼灸院の治療方針」
          「あん鍼灸院で治る病症」
          「あん鍼灸院へのアクセス」
          (遠方よりお越しの患者様へ)

          *************
           脈診流調氣鍼法はり専門

           あん鍼灸院
           予約:087-887-1466
          *************

          | あん | 『子宮内膜症・卵巣嚢腫/婦人疾患』 | 23:53 | comments(0) | - |
          『卵巣嚢腫』を”あん鍼灸院”で治療しよう
          0

            1.卵巣嚢腫とは?
            婦人病の卵巣嚢腫は、広い意味で、液体が卵巣内に貯まった「貯留嚢胞」と「腫瘍」に分けられます。貯留嚢胞は、数カ月以内に自然に消えることが多く、卵巣嚢腫ではありません。一方、腫瘍は、「嚢胞性腫瘍」(中に液体が溜まった腫瘍)と「充実性腫瘍」(塊があるもの)に分けられ、卵巣にできた良性の嚢胞性腫瘍を卵巣嚢腫』と呼んでいます。卵巣嚢腫は、卵巣腫瘍全体の約80%を占めています。
            主な『卵巣嚢腫』には、
            1)淡黄色透明のさらさらした液体が貯まった「漿液性嚢胞腺腫
            2)どろっとしたムチンと呼ばれる粘液が産生される「粘液性嚢胞腺腫
            3)脂肪や歯、髪の毛などが詰まった「成熟嚢胞性奇形腫(皮様嚢腫ともいう)」がある。
            成熟嚢胞性奇形腫(皮様嚢腫)は、胎生期の外胚葉に由来する毛髪、皮下脂肪、皮脂、皮膚組織などを中心に、中胚葉に由来する骨、軟骨、歯牙などを含む腫瘍である。
            2012年にノーベル賞を受賞した山中教授のiPS細胞(人工多能性幹細胞)でみんなが知ってきたことだが、元来、多能性の「幹細胞」という細胞が体には備わっている。「幹細胞」とは皮膚や心臓、肝臓、骨、神経などいろいろな細胞になれる細胞のことである。例えば、造血幹細胞は白血球や赤血球に育つことができる。 間葉系幹細胞は血管や心筋、脂肪に変わることができる。卵巣の中には外胚葉と中胚葉に由来する幹細胞が存在することだと思う。

            ちなみに山中教授のiPS細胞は、細胞に「山中因子」と呼ばれる遺伝子を入れて「初期化」すれば、すべての細胞になれる究極の多能性、というより受精卵のような万能性をもつことができるというものである。
            生命科学では皮膚の細胞が幹細胞に戻ったり、幹細胞が受精卵のような万能性を取り戻したりすることはないとずっと考えられていたが、それは間違っていたと言うことになる。このような現象は、過去、日本や外国の多くの研究者が発見していたが、それを証明することはできていなかった。それだけではなく、このような医学者や医者は医学会から排斥されるようなことも起こっていた。にもかかわらず、山中教授はそれらを払拭する細胞を人工的につくり出し証明したことがすばらしい。生命と平和の為に使っていければいいなと思う。あ、脱線してしまいました。

            写真.GIF

            2.卵巣嚢腫の症状
            卵巣嚢腫は、ほとんど自覚症状がなく、婦人科や内科の超音波検査やCT、MRIなどの画像診断で偶然、見つかります。あるいは、もともと母指頭大だった卵巣が成人頭大ほどの大きさになり、腹部が膨隆してきて初めて気づきます。人間の体の中で、最も大きな腫瘍を形成するのが卵巣嚢腫で、特に粘液性嚢胞腺腫は巨大になることで知られています。5〜6cm以上に腫大してきたら、茎捻転の危険性が高まります。卵巣嚢腫の根部(卵管や靭帯)で茎捻転を起こして激烈な痛みが出現し、救急車で入院、緊急手術となるケースもあるようです。
            さらに、卵巣嚢腫は妊娠を妨げる大きな要因となります。なんといっても、卵巣はそこで卵子を育て、排卵をする重大な作業を行い、さらには、妊娠システムを作りあげるホルモンを出しているからです。

            3.現代医学での治療
            現代医学では、超音波検査、MRI、 CTなどの画像診断で診断します。経膣超音波検査(膣に細い超音波プローブを挿入して調べる検査)をすれば、ごく小さな卵巣嚢腫でも発見できますが、経腹超音波検査(膀胱内に尿を充満させ、腹壁上から卵巣をみる検査)や経直腸超音波検査でも、卵巣を観察することができます。MRIやCTは、子宮や骨盤、腸などの周辺臓器との関係、内部の貯留物の診断に役立ちます。また、患者さんにとって、これらの画像は卵巣嚢腫の大きさ様子が理解しやすい。
            血液検査では、卵巣腫瘍で異常値が出易い腫瘍マーカー(CA125、CA19-9、CEA、AFP)をいくつか調べ、悪性の可能性が低いならば、嚢腫のみを摘出する治療をします。つまり、画像診断で充実性部分がまったく見当たらず、かつ患者の年齢が若く、腫瘍マーカーが低値ならば良性と推定します。最終的には、摘出した腫瘍を病理組織検査で調べ、悪性の所見がないことを確認するそうです。
            最近では、腹腔鏡(ラパロスコープ)を使う卵巣嚢腫摘出術が多いようです。悪性の可能性が否定できない場合、あるいは以前に腹部手術の既往があり癒着が予想される場合、そして妊娠中の場合には開腹手術が行われるようです。その場合も嚢腫部分のみ摘出し、卵巣の健常部分を残す手術がほとんどです。しかし、この場合、再発の可能性が高いようです。(現代医学の治療法と症状は、医師対馬ルリ子さんの文章が大変分かり易いので、引用しました)
            しかしながら、卵巣の摘出や卵巣嚢腫の嚢腫部分の摘出は、卵巣の機能を無くしたり、低下させます。そして、薬では治すことができません。
            このように、残念ながら現代医学では、摘出手術以外の方法がなく根治療法がありません。

            4.当院の鍼灸治療
            当院では『卵巣嚢腫』を鍼灸治療で根本治療します。
            当院では下記の【治験例】のごとく、『卵巣嚢腫』の治癒後、自然妊娠をされています。これらは病院での超音波検査や腫瘍マーカー(上記)などで、正常な状態に治癒していることが確認されています。

            鍼灸で治療を、つまり体質改善をしながら、病院との連携で超音波検査や腫瘍マーカーをチェックして行けば良いと考えます。2〜3ヶ月ごとに超音波検査と腫瘍マーカーを調べ経過をみていきます。それに従って、卵巣嚢腫の改善程度がわかります。


            卵巣嚢腫には原因があります。東洋医学の鍼灸では、「氣」というエネルギーが天の川のように流れる体表の「経絡」に氣の変動が起こったとき、病気と診ます。それが病気の『根本原因』です。つまり、病気に対する『治療方針』です。まず、体と病、および経絡の「陰陽虚実」、すなわち、どの経絡が、どのように変化したのかを脈診で読み取り、それに対して「氣の調整」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと、さらには生気の滞りを流すこと)にする治療をします。治療回数は、20回(あくまで目安)前後の当院の鍼灸治療を受ければ良いでしょう。氣の調整を行うと脈の変動が元の状態に復活します。その時、病気は根本治癒しています。

            「氣」というものを信じられないかもしれません。人の身体は「氣」というエネルギーによって宇宙の如く制御されていることを。ホルモンは信号です。神経はあくまで伝達システムです。内臓は一つの工場のように働いているが、身体を制御しているわけではありません。すべての臓器、すべての器官、すべての神経、血液、体液を制御しているものは「氣」というエネルギーです。制御エネルギーが変動したもの、それが病気です。従って、このエネルギーを元の状態に復元するのが東洋医学鍼術です。

             

            現代医学では根治しない病気ですが、東洋医学鍼術から診れば治る病気です。治療に行き詰まり、お悩みの方は当院で治療をお受けください。理解ある婦人科のドクターと患者様を通じて連携し、治療して行けば良い結果が出るものと考えます。

            以上

            あん鍼灸院で『子宮内膜症・卵巣嚢腫』が治った【治験例1】
            「あん鍼灸院の治療方針」
            「あん鍼灸院で治る病症」
            「あん鍼灸院へのアクセス」
            (遠方よりお越しの患者樣へ)
            ****************
             脈診流調氣鍼法はり専門
             あん鍼灸院
             予約:087-887-1466
             香川県高松市木太町1247-11
            ****************

             

            | あん | 『子宮内膜症・卵巣嚢腫/婦人疾患』 | 01:49 | comments(0) | - |
            『子宮内膜症』を'あん鍼灸院'で治療しよう
            0

              1.子宮内膜症とは?
              婦人病の子宮内膜症は、本来、子宮の内腔に存在するはずの子宮内膜(細胞)が、子宮内腔以外の場所、つまり、子宮筋層、卵巣、卵管、ダグラス窩、腹膜などで増殖と剥離出血を繰り返す病気です。 子宮内腔からはがれ落ちた子宮内膜は、月経血として腟から体の外に流れ出ていきます。それが、月経です。しかし、子宮内腔以外の場所で増殖した子宮内膜は腹腔内で剥離出血、つまり月経を起こしますが、体の外に流出せず腹腔や臓器に溜まります。それが、痛みや不妊の原因になります。
              『子宮内膜症』は、月経がある女性の約10%に存在し、痛みによって女性のQOL(生活の質)を著しく阻害します。また、その患者の30〜50%が不妊症といわれる。『子宮内膜症』の リスクは、月経の回数が多いほど高い。初潮が早まり、かつ出産回数が減少した今の女性は、生涯の月経回数が昔の女性に比べて9倍の450回に及ぶ。

              2.子宮内膜症ができやすい場所
              子宮内膜症ができやすい場所は、子宮筋層、卵管、卵巣子宮と直腸の間のくぼみ(ダグラス窩)、骨盤内の臓器を覆う腹膜です(下図参照)。特に、卵巣にできたものを『卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)』と呼びます。ごくまれに、肺など遠く離れた臓器にできる場合もあります。この症状を持つ患者さんが当院にいました。肺動脈中に影があるということで摘出したところ、内膜細胞でした。
              子宮内膜症のできやすい場所(国立癌センター).jpg
              骨盤内臓器の位置関係(国立がんセンター引用、一部追加修正)

              卵巣チョコレート嚢胞(持田製薬2012).jpg
              (持田製薬引用)

              3.子宮内膜症の症状
              1)激しい月経痛があり、鎮痛剤を飲んでも治まらない。
              2)年々、月経痛がひどくなってきた。
              3)月経時以外にも下腹部が痛む。例えば、排卵時。
              4)性交時に痛みがある。
              5)排便時に肛門の奥の上方が痛む。
              6)子供がなかなかできない。
               
              『子宮内膜症』は、自覚症状がなく自分で気づかないことも少なくありません。病気の進行と自覚症状にあまり相関関係がないのも子宮内膜症の特徴の一つです。 それほど重症ではないのに痛みがひどい場合もあれば、かなり進行していてもほとんど痛みを感じないこともあり、症状に大きな個人差があります。

              卵巣内に発生した子宮内膜症である『卵巣チョコレート嚢胞』は、稀に悪性化が見られたという報告があります。
              子宮筋層に発生した子宮内膜症を『子宮腺筋症(せんきんしょう)』と呼びます。子宮腺筋症は、子宮内膜が子宮筋層内に増殖するために、月経になると子宮筋層内で内膜が剥離出血を起こします。それよって、筋層の肥大化を起こしますから、子宮も大きくなり、このため子宮筋腫との鑑別が難しくなります。
              腹膜に子宮内膜症があれば、腹膜を刺激し下腹部の痛みとともに吐き気がおこります。
              ダグラス窩にあれば、肛門の奥の上方の痛みを感じます。この患者様が多いのです。
              膀胱子宮窩にあれば、尿意を催した時の下腹部の痛みとして感じます。

              また、子宮内以外で毎月、出血を繰り返すことが原因から、その部位で炎症と組織間の癒着を起こすと、結果として月経時以外でも月経時と同じ様な下腹部痛や腰痛を感じたり、尿意をもよおす時の下腹部痛、排便時痛、性交時痛、排卵痛、さらには性行為中に尿意をもよおすなどの症状が現れます。

              4.現代医学での治療
              現代医学では、『子宮内膜症』を「閉経まで我慢して気長につきあっていく病気」と位置づけています。つまり、妊娠状態や閉経状態では月経が起こらないので、治療は薬を飲んで、基本的に妊娠したような状態にもっていくか、あるいは更年期を過ぎた状態にもっていくようになります。このうち、前者はピルを服用し、後者はエストロゲンを減少させます。しかし、これは子宮内膜症そのものを治療するものではなく、痛みを抑える対処療法です。
              もう一つは手術療法で、病巣がある卵巣や卵管等を切除する方法です。しかし、この方法はそれらの臓器がなくなってしまい、永久に機能が逸失します。ホルモンを出している卵巣、卵が通る卵管が逸失します。両方の卵巣を切除すれば、更年期症状のような後遺症で悩むことになります。両方の卵管を切除すれば、今後、自然妊娠は不可能になります。不妊で悩まれている方で子宮内膜症を併発している患者様は30〜50%と多く、子宮内膜症が不妊を深刻にしている原因の一つでもあるのです。切除手術は、充分、自分で考えた上で結論を出すべきです。卵巣内などを洗浄する方法もありますが、すぐ再発します。手術療法もまた、対処療法で再発が起こります。
              このように、残念ながら現代医学では、根治療法がありません。

               5.当院の東洋医学での治療
              当院では『子宮内膜症』を鍼治療で根本治療します。
              当院では下記の【治験例】のごとく、『子宮内膜症』が治癒し肛門痛や排卵痛などがなくなり、さらには子宮内膜症の治癒後、自然妊娠をされています。これらは、病院での超音波検査などで正常な状態に治癒していることが確認されています。

               

              鍼灸で治療、つまり体質改善をしながら、病院との連携で超音波検査やMRIなどでチェックして行けば良いと考えます。2〜3ヶ月ごとに調べ経過をみていきます。それに従って、あくまで鍼灸治療による子宮内膜症の改善程度がわかります。

              子宮内膜症には原因があります。東洋医学の鍼灸では、「氣」というエネルギーが天の川のように流れる体表の「経絡」に、氣の変動が起こったとき病気と診ます。それが病気の『根本原因』です。つまり『治療方針』です。まず、体と病、および経絡の「陰陽虚実」、すなわち、どの経絡が、どのように変化したのかを脈診で氣を読み取り、それに対して「氣の調整」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと、さらには生気の滞りを流すこと)をする治療をします。治療回数は、20回(あくまで目安)前後の当院の鍼灸治療を受ければ良いでしょう。氣の調整を続けると脈の氣の変動が元の状態に復活します。その時、病は根本治癒しています。
              「氣」というものを信じられないかもしれません。人の身体は「氣」というエネルギーによって宇宙の如く制御されていることを。ホルモンは信号です。神経はあくまで伝達システムです。内臓は一つの工場のように動いているが、身体を制御しているわけではありません。すべての臓器、すべての器官、すべての神経、血液、体液を制御しているものは「氣」というエネルギーです。制御エネルギーが変動したもの、それが病気です。従って、このエネルギーを元の状態に復元するのが東洋医学鍼術です。


              「子宮内膜症」は現代医学では根治しない病気ですが、東洋医学鍼術から診れば治る病気です。治療に行き詰まり、お悩みの方は当院で治療をお受けください。理解ある婦人科のドクターと患者様を通じて連携し、治療して行けば良い結果が出るものと考えます。

              以上

              あん鍼灸院で『子宮内膜症・卵巣嚢腫』が治った【治験例1】
              あん鍼灸院で『子宮内膜症』が治った【治験例2】
              「あん鍼灸院の治療方針」
              「あん鍼灸院で治る病症」
              「あん鍼灸院へのアクセス」
              (遠方よりお越しの患者樣へ)
              ****************
               脈診流調氣鍼法はり専門
               あん鍼灸院
               院長:近藤光男

               予 約:087-887-1466
               香川県高松市木太町1247-11
              ****************

              | あん | 『子宮内膜症・卵巣嚢腫/婦人疾患』 | 00:53 | comments(0) | - |
              『子宮内膜症』【治験例2】|あん鍼灸院
              0

                あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”だけではなく、しっかり”体質改善” するまで治すことが最も大切なことと考えています。そのために体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て、「気の調整」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと)をする治療をしています。患者様への1回1回の治療に治すための戦略と戦術を注ぎ込みます。
                ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法します。

                1.主訴
                『子宮内膜症』から起こる排便痛

                2.患者樣
                40歳代前半 女性

                3.初診
                2011年11月

                4.現病歴と症状
                1)2年前から、生理や排卵前に排便痛が起こるようになった。今月は特に痛く、我慢ができない。鎮痛剤を飲んでも全く効かなかった。排卵後は痛みがない。疼痛の場所は肛門の横から上方にある。痛みは、便が通過するときに一番痛い。便が出てからも違和感がある。
                2)『子宮内膜症』を発症している。この患者様の場合、子宮内膜の存在する子宮以外の場所は、子宮と直腸間の腹腔内窪み(ダグラス窩)と考えられる。

                (出典;朝日新聞)
                ダグラス窩に病変がある場合、直腸はダグラス窩のすぐうしろ(背中側)に位置するために、便がこの部分を通過する際、病変部分を刺激して痛みが起こる。また、発熱はないので感染原因ではない。
                患者様は産婦人科病院に通院していた。病院では卵管狭窄、又は子宮内膜症と診断されているが、それらに対して完治させる有効な手段はなかった。
                3)1,2年前に流産をした。
                4)生理や排卵時に左側の腰痛がある。
                5)リウマチ因子値が高い。
                6)足が冷たい。
                7)頭痛がある。
                8)歩くと足とお腹が痒くなる。
                このような背景のもと、鍼灸治療をしたいと来院されました。

                5.治療結果
                (1回目)脈診、腹診、問診などから治療方針を決定し、経絡治療の本治法(脈から読みとった変動している経絡に対して、気血を調整し体質を改善する鍼治療)を行う。
                (2回目)自宅での灸を開始した。夜中の排尿が無くなった。
                (5回目)同じ治療方針で以降、行った。生理があった。これまでは生理の時、涙が出るほど痛く鎮痛剤も効かなかったが、今回は鎮痛剤で痛みを抑えられた。少し、良くなったようだ。
                (8回目)排便痛が軽くなった。
                (10回目)下痢があり水様便が1週間、続いた。
                (11回目)排便痛が弱くなった。排便前の痛みはある。
                (12回目)生理があったが、排便痛は無くなっていた。排便の前後に違和感が残っている。
                (13回目)排卵が近いが、排便痛はない。排便の前後にまだ違和感が残っている。
                県外への転勤があり、残念ながら治療をここまでとした。

                婦人病の「子宮内膜症」は、 本来は子宮の内側にしかない子宮内膜が、子宮以外の場所で増殖と剥離出血を繰り返す病気である。「子宮内膜症」は、月経がある女性の約10%に存在し、痛みによって女性のQOL(生活の質)を著しく阻害する。また、患者の30〜50%が不妊症といわれる。「子宮内膜症」の詳しい発症原因は分かっておらず、 リスクは月経の回数が多いほど高い。初潮が早まり、かつ出産回数が減少した今の女性は、生涯の月経回数が昔の女性に比べて9倍の450回に及ぶ。しかし、 閉経すれば、内膜の増殖と出血剥離はなくなるので、現代医学では閉経まで我慢する病気と位置づけられている(四国新聞)。

                 

                以上

                『子宮内膜症』を'あん鍼灸院'で治療しよう
                あん鍼灸院で『子宮内膜症・卵巣嚢腫』が治った【治験例1】
                「あん鍼灸院の治療方針」
                「あん鍼灸院で治る病症」
                「あん鍼灸院へのアクセス」
                (遠方よりお越しの患者樣へ)


                **************
                 脈診流調氣鍼法はり専門
                 あん鍼灸院
                 予 約:087-887-1466
                **************

                 

                | あん | 『子宮内膜症・卵巣嚢腫/婦人疾患』 | 16:42 | comments(0) | - |
                『子宮内膜症・卵巣嚢腫』【治験例1】|あん鍼灸院
                0

                  あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”だけではなく、しっかり”体質改善”するまで治すことが最も大切なことと考えています。そのために「気の補瀉」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと、さらには気の滞りを流すこと)を中心とする治療をしています。患者様への1回1回の治療に、治すための戦略と戦術を注ぎ込みます。

                  ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。治験例は、これから治療をお受けになる患者様に治療経過のイメージがわくように構成します。

                  なお、内容については、個人情報保護法を遵法します。

                  1.主訴
                  子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞)*・卵巣嚢腫**(良性)

                  2.患者樣
                  20歳代後半 女性

                  3.初診
                  2011年9月

                  4.現病歴と症状
                  1)2年前から、「子宮内膜症」が左卵巣に発症している(卵巣チョコレート嚢胞ともいう)。かつ、卵巣内に良性の腫瘍があり、「卵巣嚢腫」と診断されている。特に1ヶ月前から肥大してきた。来院時、卵巣は通常の大きさが直径7cm(MRI測定)になっていた。当時、投薬で月経を止めて痛みを防止していた。したがって、妊娠はできない。3つの病院に通院していたが、特に子宮内膜症に対する有効な手段はないようだ。一つ目の大学病院では、卵巣嚢腫は専門病院に行くよう二つ目の病院を紹介。二つ目の病院は流産を繰り返している人はそれを治してと3つ目の病院を紹介した。3つ目の病院がすべてを引き受けた。薬を服薬しているが、生理を起こさせない目的のものであって患部は良くなっていない。
                  患者様は、これらを治した後に妊娠を望んでいる。この症状があると妊娠しにくい。
                  2)腰痛がある。左足下腿内側、および母趾両側に痺れがある。
                  3)背中が痛い。
                  4)頭痛がある。
                  5)子宮位置が前傾前置と診断されている(超音波診断)。
                  このような背景のもと、鍼灸での治療をしたいと来院されました。

                  *「卵巣チョコレート嚢胞」;子宮内膜細胞が卵巣内で増殖するために、生理の度に剥離出血をして痛みが襲う症状を卵巣チョコレート嚢胞という。卵巣内で出血をするので卵巣内に血液が溜まり、腫脹する。不妊症の一原因である。
                  **「卵巣嚢腫」;卵巣内の腫瘍のことで良性と悪性がある。この患者様は良性の卵巣嚢腫であった。

                  5.治療結果
                  (1回目)脈診、腹診、問診などから治療方針を決定し、経絡治療の本治法(脈から読みとった変動している経絡に対して、気血を調整し体質を改善する鍼治療)を行う。
                  (2回目)同じ方針で治療を続けた。以下、毎回同治療。(病院)黄体ホルモンの受容体に選択的に作用し、女性ホルモンの分泌を抑える薬を服用。この後、中止した。
                  (3回目)(病院)卵巣嚢腫の参考データである腫瘍マーカー値(CA19-9)が高い。220U/ml。
                  (7回目)背中の痛みが無くなった。今後、鍼治療に加えて、自宅で灸を行うこととした。
                  (10回目)(病院)検査で、卵巣の通常の大きさが直径7cm(MRI測定)から5.7cmに小さくなった。さらには、腫瘍マーカーCA19-9値が96U/mlに低下した。子宮位置が前傾前置と診断されているので、今後、骨盤調整を行う。
                  (14回目)ここで脈が良い方向に大きく変わった。治療方針を変更。
                  (16回目)卵巣の通常の大きさが3cmになり、さらに縮小した。数日前、病院で卵巣内を吸引洗浄し血液等を洗い流した。その時の検査では、卵巣内の腫瘍が無くなっていた
                  (18回目)病院での腫瘍マーカーCA19-9値がさらに34U/mlに低下した(正常値は37U/ml以下)。
                  ここで子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞)・卵巣嚢腫(良性)の治療を終了した。病院でもほぼ治癒と診断した。治療は継続し、妊娠の準備に入った。尚、妊娠結果については下記リンクを閲覧ください。

                  あん鍼灸院で『自然妊娠できない』が治った【治験例10】

                  婦人病の「子宮内膜症」は、本来は子宮の内側にしかない子宮内膜が、子宮以外の場所で増殖と剥離出血を繰り返す病気です。「子宮内膜症」は、月経がある女性の約10%に存在し、痛みによって女性のQOL(生活の質)を著しく阻害する。また、患者の30〜50%が不妊症といわれる。「子宮内膜症」の詳しい発症原因は分かっておらず、リスクは月経の回数が多いほど高い。初潮が早まり、かつ出産回数が減少した今の女性は、生涯の月経回数が昔の女性に比べて9倍の450回に及ぶ。しかし、閉経すれば、内膜の増殖と出血剥離はなくなるので、現代医学では閉経まで我慢する病気と位置づけられている。(四国新聞)

                  「あん鍼灸院の治療方針」
                  「あん鍼灸院で治る病症」
                  「あん鍼灸院へのアクセス」
                  (遠方よりお越しの患者樣へ)

                  **************
                   脈診流調氣鍼法はり専門
                   あん鍼灸院
                   予 約:087-887-1466
                  **************

                  | あん | 『子宮内膜症・卵巣嚢腫/婦人疾患』 | 19:13 | comments(0) | - |
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  282930    
                  << April 2019 >>
                  + SELECTED ENTRIES
                  + RECENT COMMENTS
                  • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
                    あん (06/11)
                  • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
                    aya (06/10)
                  • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
                    emi (05/04)
                  • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
                    あん鍼灸院 (05/03)
                  • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
                    emi (04/30)
                  • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
                    あん (08/30)
                  • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
                    りえ (08/28)
                  • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
                    あん (03/22)
                  • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
                    篠崎 (03/21)
                  • 遠方からの患者様へ
                    あん (06/10)
                  + CATEGORIES
                  + ARCHIVES
                  + MOBILE
                  qrcode
                  + LINKS
                  + PROFILE