あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症などの皮膚疾患」「花粉症などのアレルギー疾患」 「自然妊娠できない」「子宮内膜症・月経異常などの婦人疾患」「糖尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・咳・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面・筋などの麻痺・痙攣疾患」 「鬱・躁病・パニック障害」「潰瘍性大腸炎・過敏性腸症候群などの消化器疾患」「バセドウ・橋本病などの甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の《根本治癒》を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院のコンセプト、理念、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087-887-1466にどうぞ。
『食後高血糖/頭痛』【治験例2】|あん鍼灸院
0

    あん鍼灸院は、患者様の症状を一時的にとる治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり再発しないように”根本治療”することが最も大切であると考えています。そのために体と病、および経絡の気を診て鍼術で「気の調整」(患者様の気、すなわち皮膚を流れるエネルギーの不足を補い、過剰を抜き去り、または気の働きを妨げる邪気を取り除き、そして気の滞りを流し、全身の「気の動態平衡」を図り生命を統制すること)をする治療をしています。
    ここでの治験例は症状の治癒経過を記し、内容については個人情報保護法を遵法し一部、割愛します。

    1.主訴
    食後高血糖/頭痛


    2.患者様
    40歳代前半 女性

    3.現病歴と症状
    1)頭痛

    2ヶ月前から頭痛が起こり出した。こめかみがズキズキし、目の奥が痛い。午前5時頃、頭痛が起こり出し、午前6時半くらいに鎮痛剤を服薬している。午前11時、さらに午後6時頃に頭が痛み出す。1日3回、服薬している。鎮痛剤は欠かせない。これは「偏頭痛」で、後頸部から頭部にかけての筋膜の凝りからくる「緊張性頭痛」ではない。

    2)食後高血糖

    食後血糖値が血中150~220mg/dlくらいに上昇する(食後2時間後血糖の正常域;140mg/dl未満、空腹時血糖の正常域;100mg/dl未満)。食後高血糖体質になっている。HbA1cは5.6〜6.0で正常である(正常域;6.5以下)。糖尿病が多い家系という。

    東洋医学の鍼で治したいと来院されました。

     
    4.治療結果

    (1回目)脈診と腹診、および問診等に基づいて、鍼術を以て経絡に対し気の調整を行なう。病は「体質改善」して根本的に治すことが鉄則だと2千年前から言われています。病にはそれを引き起こす「原因」(結果ではない)が必ずあり、それを取り除くことが「体質改善」です。
    鍼は細く柔らかい直径0.15ミリ程の銀製鍼(ディスポーザー)を使い、皮膚に0.1〜0.2mm程、非常に浅く刺して気の調整を行う。しかし、患者様に鍼を刺された感覚はありません。そこで行う「気の調整」が当院の最大の特徴です。肘から先の経穴(つぼ)と膝から下のそれを使い、鍼を以って皮膚全体に広がる気のネットワークの「動態平衡」を修正し、生命を統制します。この患者様は、健康を維持する動態平衡が崩れて発症しています。鍼術は経穴に鍼を刺して抜くだけでは、症状を一時的に和らげることはできても根本治癒は難しい。根本治癒には「気の調整という鍼術の手技」が必要で、施術者の身体を通して指から患者様の体に作用します。鍼はあくまで、患者様と施術者の精密な連絡橋です。

    (2回目)早くも治療翌日の昼頃から頭痛がなくなった。今も痛くない。

    (6回目)目の奥が痛み出しそうになるが、すぐ治る。

    (15回目)頭痛がまた出てきた。しかし、今回のみで、それ以降、頭痛が消失している。しかし、眩しいというので瞳孔の左右差を診た。そうすると瞳孔の開きが左右で差がある。小学5年性からあり、患者様自身で気づいたのは20歳頃である。ピントを合わせにくい。トンネルを抜ける時に眩しい。テニスのボールをスマッシュしようとした時、室内の天井からの光でボールが眩しくぼやける。「散瞳」である。片方の眼の瞳孔が開いたままになって眼に入ってくる光の量を調節することができにくく眩しく感じる。この症状は良くある(【外傷性散瞳【治験例1】)。

    (21回目)散瞳による眩しさを感じなくなった。ピントも合わせやすくなった。

    (26回目)月経直前から前半にかけての生理痛がなくなった。月経1日目がもっとも痛かった。

    (31回目)HbA1cを測定したところ、6.0であった。正常である。

    (33回目)他の自覚症状が、次第に減少している。

    (39回目)食後血糖値(昼食2時間後)が150〜220mg/dlとまだ高いが、その他の症状は全くなくなった。

    (41回目)食後高血糖以外の全ての自覚症状も脈の変動もなくなった。根本治癒が近い。

    (43回目)食後2時間後血糖値が110〜120mg/dlに低下した。脈の変動は4回続けて平常(血液が層流をなして流れている)を維持している。図1を参照すると、食前血糖値(青色折れ線グラフ)は血中110mg/dl付近を推移して安定している。当初、昼食2時間後の血糖値は150〜220mg/dl付近にあり、食後高血糖体質をあらわしていた。42回目の治療以降、図では3/16〜19にあたり食後2時間後血糖値は、ほぼ110〜140mg/dlに低下している。食後血糖値が正常になりつつある。このデータは患者様ご自身が昼食前後の血糖値を測定したものです。患者様がいうように、家系に糖尿病の人が多いということで、その体質を持っていた。つまり、将来、糖尿病になる可能性が高かった。これまでの体質改善治療で『根本治癒』ができているので、将来、それはないと言える。

    (図1.食前・食後血糖値の推移)

     

    (44回目)4/18、1ヶ月後の治療。体調はすこぶる良い。頭痛はずっと起こっていない。体重が1ヶ月前から2Kg減少した。症状は何もなくなり根本治癒している。本日で治療を終了した。今後、1ヶ月毎、3ヶ月間チェックを続け、さらに半年後に1回、脈チェックをする予定です。

     

    (さらに1ヶ月後)5/10、患者様に昼食前および昼食2時間後の血糖値などを測定していただいた。昼食前血糖値(午前11時)は111mg/dl、昼食後2時間後血糖値は136mg/dlであった。夕方17時は97mg/dlであった(図、5/10参照)。患者様は食後2時間血糖値が当初、200を越えることがあったので、すごく改善しているとおっしゃっていました。これで安心です。


    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者様へ)

    *************
       脈診調氣鍼法はり専門
        あん鍼灸院
        予約;087-887-1466

    *************

    | あん | 『機↓況薪尿病』 | 17:14 | comments(0) | - |
    『自然妊娠できない/1型糖尿病』【治験例35】《自然妊娠》|あん鍼灸院
    0

      あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために鍼灸術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
      ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

      1. 主訴
      不妊症1型糖尿病

      2.患者様
      40歳

      3.現病歴と症状
      1)3年前、人間ドッグで糖尿病を疑われた。自覚症状はない。別の病院で再検査をしたところ、『1型糖尿病』と診断された。HbA1c値*は9.0%であった。ケトン体が血液中に出ていた。4ヶ月後、症状が悪化、段々と痩せ体重が8kg減った。現在、ホルモン療法中で携帯型装置でインシュリンを注入している。現在、HbA1c値は6.9%になっている。尿検査、腎臓検査、眼底検査、歯の検査を2ヶ月に一度、血液検査を毎月、行なっている。

       

      *HbA1c値とは、赤血球中のヘモグロビンに血液中のブドウ糖(グルコース)が結合したグリコヘモグロビン量のヘモグロビン全量に対する割合(%)をあらわす。血糖値が高いほど、高血糖の状態が長く続くほど、HbA1c値が増加する。また、HbA1c値はいずれの時間帯に採血しても大きな変化がない特徴を持つ。グリコヘモグロビンは一度できるとその赤血球が死ぬまで消滅しない。そして赤血球は約4カ月の寿命で、HbA1c値はその平均年齢ともいえる過去1〜2カ月間の血糖コントロール状態を反映したものとなります。通常、「赤血球」100個の中で、糖結合タイプは5個(すなわち、5%)ほどですが、高血糖になって「糖」が多くなると、6~10個(すなわち、6~10%)になる。正常範囲は、HbA1c値6.5%以下。

       

      2)2年前から病院で不妊治療をしている。不妊治療は、相談機関と話をして体外授精移植を考えている。病院からHbA1c値が6.5%以上の場合、生まれてくる子供に影響を与えるので妊娠を控えるように言われている。

      3)子宮筋腫が子宮の着床位置に1個あり大きさは3僂任△襦子宮筋腫は3ヶ月前に別の病院で切除手術を受けた。6ヶ月間は妊娠不可と指導されている。

      4)右側卵管閉塞がある。

      5)月経周期が23〜25日と短い。高温期が短く、基礎体温が上昇しにくい。

      鍼灸治療で体質改善をして妊娠したいと来院されました。

      4.1型糖尿病とは

      一般に「糖尿病」は、その原因の説明として主にインシュリンの量の問題として議論されます。

      例えば、「糖尿病情報センター」によれば

      1)1型糖尿病は、膵臓からインスリンがほとんど出なくなるため、血糖値が高くなる。注射でインスリンを補う治療が必須となる(インスリン依存状態)。膵臓の機能低下があり十分なインスリンを作れなくなってしまう状態で、細胞の入り口を開けるための鍵(インスリン)が不足しているので、糖が細胞内に入れず血液中にあふれてしまう(インスリン分泌不足)。

      2)2型糖尿病は、インスリンが出にくくなったり、インスリンが効きにくくなったりすること(インスリン抵抗性)によって血糖値が高くなる。その原因は遺伝的な影響に加えて、運動不足や食べ過ぎが原因で肥満になるとインスリンが働きにくくなるといわれている。

      このように、病気の説明はインスリンというホルモンにほとんど集中しています。しかも、インシュリン抵抗性などの本質がわかりにくい。

       

      しかし、動物の体というのはインスリンという狼煙(のろし、指示、スイッチ)も重要ですが、「食物から糖質を吸収し血液中に集めると、それを肝臓で形が違う糖に変換し、変換した糖を主に筋肉に貯蔵する、そして、必要に応じて、その貯蔵した糖を元の形の糖に戻して血液中に放出しエネルギー産生に使用する仕組み」を備えています。

      詳しくいうと、食物に含まれる糖質が消化吸収され、グルコースという糖になり、さらに血液により全身に運ばれエネルギーとして利用される。消費せずに余ったグルコースは、肝臓で一時的にグリコーゲンという糖に変換されて人体中、最も量が多い筋肉に貯蔵される。これを【糖代謝】という。これは、膵臓にあるα、β細胞から分泌されるそれぞれインスリン、グルカゴンというホルモンにより糖代謝の作動を指示される。特に問題なのは、筋肉にどのくらい糖を貯蔵できるかがポイントになる。筋肉は貯蔵庫(ストッカー)なのです。

      まとめると

      A.血液中に糖が余って血糖量が増加すると→膵臓β細胞から「インスリン」が分泌→糖「グルコース」が「グリコーゲン」に変換されエネルギー源として筋肉に貯蔵される。

      B.血糖量が減少すると→膵臓α細胞から「グルカゴン」が分泌→筋肉に貯蔵されていた「グリコーゲン」が「グルコース」に変換され血液中に出てエネルギー産生に消費される。

       

      この観点から『糖「グルコース」を筋肉に効率よく大量に「グリコーゲン」の形で貯蔵できるようにすること、そして、貯蔵したグリコーゲンを血液中にグルコースとして早く移動できるようにすることが糖尿病の治療方針』と考えます。

       

      東洋医学では、これを「陰陽」として捉えています。筋肉中にグルコースをグリコーゲンの形で貯蔵することは求心性のベクトルで捉え「陽」の力、筋肉に貯蔵されたグリコーゲンを血液中に移動する遠心性のベクトルを「陰」の力とみます。この陰陽のバランスがヒトの恒常性(いつも健康で元気な状態を維持すること)を保ちます。もし、筋肉に脂肪が蓄積された肥満の方はすでに筋肉の糖貯蔵可能部分を脂肪が占拠しているわけで、グリコーゲンを貯蔵できにくいことがお分かりでしょう。また、筋肉量の少ない痩せ型の貧弱な体質の方も貯蔵量に制限があります。ちなみにグリコ(株)のキャラメルは、グリコーゲンの最初3文字です。

      この患者様は、インスリンが少なく、さらにグルコースをグリコーゲンの形で筋肉に貯蔵できていなかったため、血液中のグルコースを使い切っても生体を維持するエネルギーが不足したため、筋肉中に貯蔵していた脂肪を分解しエネルギーを産生したことが血液中のケトン体からわかります。ケトン体は脂肪分解産物です。

      筋肉の糖貯蔵機能と体の恒常性を復元することが鍼治療の目標です。

       

      5.治療結果
      (1回目) 脈診と腹診、および問診等から体と病、および経脈十二経の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。

      妊娠がなかなかできないのは、その原因となる病因が必ずあります。その病因を治すことが治療の目標です。
      妊娠は、月経以降に基礎体温が低く抑えられ、その間、卵子を育て全ての遺伝情報を書き込みDNAなどを完成し、ついでそれを包む卵胞の爆発という排卵が起こる。排卵後、基礎体温が上昇し授精を促し、卵子の細胞分裂と卵子からの血管を子宮内膜に根をおろす着床が起こる。授精ができなかったときには月経が起こるという循環が大切です。

      この患者様の問題点は、糖尿病を発生したご自身の体質から、上記循環や妊娠期間中の胎児成長の維持が難しくなったために妊娠がなかなかできなかったと考えられます。

      鍼で全身の気の調整を行う治療を開始し、患者様が抱える病因を解消する治療方針とした。

      (15回目)基礎体温表をつけている。高温期の基礎体温が36.7度以上にならなかった。さらに高温期の期間が4日間だった。10日不足する。HbA1c値は6.8%だった。基礎体温は、上記の循環が正常に動いているかを知るために、大切です。当院では、これを重要視します。
      (21回目)HbA1c値が6.4%に低下した。しかし、高温期の基礎体温は未だ、ほとんどが36.7度以下であった。高温期の基礎体温を上昇させる方向に治療方針を変更した。

      (33回目)高温期の基礎体温は未だ上がらない。36.7度以下であった。患者様から、2ヶ月先に病院で体外受精移植をする希望があった。

      (36回目)高温期の基礎体温が36.9度に上昇した。しかし、その期間は3日間だけだった。HbA1c値は6.9%で変化がなかった。

      (41回目)大学病院を受診したところ、子宮癌検診で「高度子宮頸細胞異形成」と診断された。良性だった。しかし、円錐切除術で異形成部分を手術することになった。

      (45回目)このところ、高温期の基礎体温は36.7度以上で推移し6日間続いている。ここで、考え方を変更した。基礎体温が高温期に十分、上がらずとも、糖尿病が良くなれば筋肉に糖を貯蔵できるようになり、それを熱に変えることができるようになる。HbA1c値の数値を下げることにした。

      (63回目)HbA1c値が6.8%になった。生理があった。高温期の基礎体温は、36.7~36.8度が5日間続いた。日数は短いが、36.8度まで上昇した。周期は25日で短い。

      (67回目)排卵日から、もう16日間、高温期が続いている。下腹部が重いという。基礎体温は36.9〜37.2度を維持している。随分、上昇した。

      (68回目)妊娠検査薬で陽性が出た。自然妊娠でした。翌日、病院へ行き、検査で胎嚢が確認できた。6週目である。

      (71回目)8週目。出血が続いている。胎嚢は成長が停止している。残念ながら、その翌週、流産した。大変、悲しまれ、体外受精移植を考えたいとおっしゃいました。今回は残念だったが、母体は生命の誕生を学習したはずである。他の患者様にも同様な事例があります。1回目の自然妊娠がうまくゆかなくても、2回目はたやすく自然妊娠することが多いのです。母体の知恵と思います。そのようなことを話し合い、患者様は次も自然妊娠で進める決心をしました。

      (76回目)HbA1c値が6.6%になった。

      (81回目)HbA1c値が6.4%になった。

      (83回目)排卵日より高温期の基礎体温が36.8〜37.0度でもう13日間続いている。

      (84回目)2度目の自然妊娠がわかった。高温期は20日間、継続している。生理から30日目である。

      (87回目)胎嚢の大きさは8.9mm、7週目で心音を病院で確認できた。翌週、HbA1c値が6.3%になった。つわりがあるが、吐き気はない。食事は問題なく食べれる。子宮頸の円形切除術を昨年、受けている。再度の手術の勧めが病院からあったが、早産の可能性と破水のリスクが大きいという。ご夫婦は話し合い、再手術を受けないことを決心した。

      (93回目)HbA1c値が6.2%になった。15週目。胎児は頭から尻まで8cmに成長して良好だという。安定期に入るが治療を続けることにした。

      (96回目)HbA1c値が6.1%になった。毎月、0.1ずつ低下している。19週目。基礎体温は36.5〜36.9度で推移している。

      (100回目)HbA1c値が6.0%になった。23週目。胎児は550グラムで良好である。

      (103回目)HbA1c値が5.9%になった。26週目。胎児は1,200グラムで良好である。

      (109回目)出産を約1ヶ月後に控え、胎児は1,800グラムで良好な成長をしている。本日をもって治療を終了した。

       

      表1 治療中のHbA1c値(%)の推移

       

      この患者様の1型糖尿病はHbA1c値が6.9%から5.9%まで低下した。一度、6.4まで低下していたが、基礎体温の低下があり治療方針を変更した。その後、『基礎体温は当面、上がらずとも糖尿病が良くなれば筋肉に糖を貯蔵でき、それを熱に変えることができるようになる』と考え、治療方針をその時点に戻した。それが良い結果をもたらした。

      HbA1c値6.8%時点で初めて自然妊娠したが、残念ながら流産した。その後の2度目の自然妊娠はHbA1c値が6.4%で、母体が妊娠を継続できると判断したと思う。さらに、患者様の治療を進めるにつれて、基礎体温曲線は高温期と低温期を形成し、それぞれの正常な基礎体温と期間を保持できるようになったことが妊娠の大きい要因と考えます。

      2度目の自然妊娠以降のHbA1c値がずっと低下し続けたのは、妊娠中、胎児が糖を消費したためではないかと思われるかもしれません。しかし、2度目の自然妊娠前までに、HbA1c値はすでに6.9%から6.4%まで0.5%低下して1型糖尿病は改善の方向にあった。従って、これ以降、胎児の成長に糖を消費したためにHbA1c値がさらに低下したとは考えにくい。インスリン1日投与量はずっと一定であった。

       

      1ヶ月後、元気な男の子を出産したと連絡を受けました。2,900グラムでした。元気にすくすくと成長されますように。大変嬉しい。一段落して、赤ちゃんがお腹にいない状態で糖尿病の治療を続ければ、より良い結果が得られるものと考えています。

       

      『自然妊娠できない』【治験例まとめ1】|あん鍼灸院
      『自然妊娠できない』【治験例まとめ2】|あん鍼灸院
      『自然妊娠できない』【治験例まとめ3】|あん鍼灸院
      『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その1)
      『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その2)
      『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その3)

      「あん鍼灸院の治療方針」
      「あん鍼灸院で治る病症」
      「あん鍼灸院へのアクセス」
      (遠方よりお越しの患者様へ) 

      **************
       脈診流調氣鍼法はり専門
       あん鍼灸院
       予約:087-887-1466
      **************

      | あん | 『機↓況薪尿病』 | 18:44 | comments(0) | - |
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
        あん (06/11)
      • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
        aya (06/10)
      • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
        emi (05/04)
      • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
        あん鍼灸院 (05/03)
      • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
        emi (04/30)
      • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
        あん (08/30)
      • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
        りえ (08/28)
      • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
        あん (03/22)
      • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
        篠崎 (03/21)
      • 遠方からの患者様へ
        あん (06/10)
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE