あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患」 「不妊症と婦人疾患(子宮内膜症など)」「掌蹠膿胞症」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面麻痺などの神経疾患」 「鬱・パニック障害・自律神経失調症」「過敏性腸症候群などの消化器疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛・高血圧などの血管疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087ー887ー1466 にどうぞ。
あん鍼灸院で『上眼瞼(まぶた)の腫れと下垂』が治った【治験例】
0
    あん鍼灸院で’上眼瞼(まぶた)の腫れと下垂’が治った【治験例】

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病を根本から治すことが最も大切なことと考えています。そのために鍼術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法し、一部割愛しています。

    1.主訴
    上眼瞼(まぶた)の腫れと下垂

    2.患者様
    60歳代前半 女性

    3.初診
    2013年10月

    4.現病歴と症状
    1)上まぶたが腫れて、少し垂れている。患者様はまぶたが重くて、つらいと訴える。眼精疲労のようで、さらに瞼がふさがるような感覚があり、体がだるい。
    2)今年、夏頃から汗を多くかくようになった。特に就寝中、多い。
    3)足全体が浮腫んでパンパンになっている。
    4)仕事で、早朝5〜6時に起床、午後1〜2時頃まで仕事でずっと立っている。昼からは事務仕事を午後7時頃までしている。
    5)現在、病院で治療している。医師からは腎臓にも心臓にも異常なしと診断され、処方された利尿剤を服用している。しかし、ほとんど浮腫みは取れず、まぶたは腫れ、下垂したままである。
    6)甲状腺の機能を調べたところ、甲状腺ホルモン値は、下限ぎりぎりである。
    このような背景のもと、まぶたの重だるい疲労感とふさがるような感覚を治して欲しいと来院されました。

    5.治療結果
    (1回目)外からの原因、つまり「邪」によって、病が引き起こされている。
    東洋医学では『陽病』と言う。これは求心的な病で外から内に原因が入ってくる外因的な病です。東洋医学では病を陰と陽に区別して診断します。もう一つの陰病とは遠心的な病で内から外に出てくる内因的な病です。この診断が最も大切で、この診断なくして病は治せず、治療法が大きく違う。さらに脈診と腹診、および問診等から体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身経絡の気の調整を行い、治療を開始。治療直後、「あれ!まぶたの感じが違う」と感想を述べられました。まぶたの腫れが少しおさまり、少し二重まぶたになっていた。
    (2回目)上まぶたが二重まぶたになって、腫れがなくなっていた。まぶたの重みは減少して、眼性疲労の感じもなくなった。
    (3回目)2回目の治療から2週間が経ってしまった。しかし、まぶたの下垂も浮腫みもなくなった。脈も問題なく改善している。ここで治療を終了した。治癒(終了)
    以上

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    「鍼の治療間隔と回数」
    (遠方よりお越しの患者様へ)

    *****************
     脈診流調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     予約:087-887-1466
     香川県高松市上福岡町969−4
    *****************
    | あん | 『緑内障などの眼疾患』 | 21:38 | comments(0) | - |
    あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
    0

      あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために鍼灸術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの不足を補い、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
      ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

      1.主訴
      緑内障(下記5.に説明)

      2.患者様
      60歳代前半 女性

      3.初診
      2013年2月

      4.現病歴と症状
      1)3年前、「飛蚊症」で眼科を受診し眼底検査を受けたところ、右眼が「緑内障」と診断された。それ以降、病院で治療を続けている。しかしながら、その1〜2年後、視野が欠けてきた。
      2)現在、右眼の1/5程の視野が欠けている。視野検査では内視側(内側)と上部が見えない。左眼は正常に見える。右眼には白内障もあり、全体がかすんで見える。白内障は、緑内障の治療中に診断された。病院では治療を施していない。
      3)当時、『眼圧』は、右目が19〜20mmHg、現在、両眼共に16mmHgである。正常範囲は10〜21mmHgと言われている。病院では13mmHgを目標としている。

      注意を要する『眼圧』という言葉
      『眼圧』とは、病院の検査で眼球壁の一部である角膜の圧力から測定される。しかし、実際の『眼圧』は「眼内圧」と呼ばれ、眼内液の圧力を示す。ヒトの場合、この「眼内圧」を簡便に測定することは現在できない。よって、いわゆる『眼圧』とは「眼内圧」ではなく、眼球壁の角膜の圧力で代用している。ここに盲点がある。
      『眼圧』と「眼内圧」の関係は、基本的には『眼圧』が高いほど「眼内圧」は高いとされる。しかし『眼圧』は、眼球壁が固くなるほど、または厚くなるほど高めに
      測定される。この場合、測定した『眼圧』は高いが、実際の「眼内圧」は高くない時、視神経が侵されることがない。しかし、現代医学では”高眼圧緑内障”と
      診断される。逆に、眼球壁が薄い場合は、『眼圧』が低めに測定されるが、実際の「眼内圧」が比較的高い時、視神経が侵される状態にあることになる。これが
      正常な「眼圧」でも緑内障と診断される臨床例の増加の一因である。実際、日本において、”正常眼圧緑内障”が、『眼圧』が上昇する”高眼圧緑内障”の9倍近くみられることが最近の調査で判明しています。

      4)服薬や点眼をしているが、なかなか効かない。
      5)現在、失明の可能性があるとして、病院から外科手術を勧められている。しかし、ドクターから「成功するかどうかは分からない。また、手術しても再発がありうる」と言われている。そこで外科手術をするかどうか迷っている。手術をする決断ができない。
      6)38歳の時、太ももの付根から下が冷えるとともに踵が腫れて硬くなった。この時、食欲がなくなり痩せた。また、歩くことができなくなった。さらに右眼と右腕が冷たくなったことがある。
      7)40歳前半に右眼の見え方に異常が出て、右側の顔、腕、肩が痺れた。この時、視野は欠けていなかった。脳外科や整形外科に行ったが、異常なし(異常が診断できなかったかも)とのことだった。以降、現在に至っている。
      このような背景のもと、鍼灸で治療をしたいと来院されました。

      5.「緑内障」に対する東洋医学鍼灸治療
      眼の働きを正常に維持するために、眼球内部は適度な張りが保たれ球状になっている。つまり、遠心的エネルギー(陰のエネルギー、すなわち、外に向かうエネルギー)と求心的エネルギー(陽のエネルギー、すなわち、中心に向かうエネルギー)でバランスが保たれていることが必要です。そのバランスによって眼球内の圧力、つまり「眼内圧」(眼内圧の定義は4-3)を参照)が決まります。その「眼内圧」は、「眼房水」の圧力によって一定に保たれている。
      「眼房水」とは、角膜・水晶体(レンズ組織)・硝子体(下図の黄色い部分を埋めるゼリー状の組織)などの血管のない組織に栄養を与える役割を持ち、毛様体(下図)から出てきます。そして、それは、毛様体から上記の組織を巡り、栄養と酸素を送り、さらには細胞の代謝や自死から発生する不要物を運ぶとともに、眼内圧を調整しながら、最終的に瞳孔から隅角(ぐうかく)にある線維柱帯を通ってシュレム管に集まり、静脈へと流れ出します。
      眼球全体像.jpg
      ところが、眼房水を排出する役目を持っている繊維柱帯やシュレム管(上図)という器官が求心的エネルギーによって締まり過ぎ、眼房水が流出できずに眼球内に溜まる結果、「眼内圧」が上昇します。「眼内圧」が上昇すると、眼球内で最も弱い部位である視神経乳頭が圧迫されて視神経が萎縮するため、視野が欠損します。最悪の場合、失明します。

      もう一つ、現代医学にこの考え方はありませんが、体質が陰に偏り眼球(眼球は字の通り、球状だが形が体質によって変形する)が遠心的に膨張し眼内圧が高くなることもあります。

      これが、「緑内障」です。また、眼房水の「栄養と酸素を送り、細胞の代謝や自死から発生する不要物を排出する」能力が低下した場合、「白内障」も併発します。
      したがって、東洋医学では、体質(経絡)変動によって陽のエネルギーで締まり過ぎている上記の器官を緩めること、または膨張した眼球を陽のエネルギーで元に戻すために鍼術治療を施します。
      現代医学では、レーザーなどを用いて器官の眼房水出入り口を切開する手術をします。しかし、切開部分が時間とともに再び閉じて、再発を繰り返すことが多いようです。また、切開しても眼圧が下がらないこともあるようです。

      6.治療結果
      (1回目)経絡治療の手順に従って治療方針、すなわち証を決定し、治療を開始した。経絡の変動、つまり体質変動を元の状態に戻す体質改善を目指した。
      翌日、患者様から「右眼が暗かったが、明るくなった。眼の重い感じがなくなってきて楽になった。雲の上にいるように気持ちがよい。首・肩のこりも楽になった。嬉しい。」と電話を頂いた。
      (2回目)同様の鍼治療を以降、継続した。
      (5回目)眼(内視)を押さえる癖がなくなったと息子さんから言われた。眼の重だるさが軽くなっている。
      (7回目)病院でおこなった眼圧検査と視野検査の結果を持って来院した。眼圧は両眼ともに17mmHgで変わりがない。ところが、視野検査では当初、視野の内側と上部に全く見えない部分があったが、いずれも所々に見えない点々が少し残るだけで視野が回復していた。ドクターは「あれ、よく見えるようになったね? 手術はしないでいい状態だ。」と驚いたようだ。家族の方が大変喜んでくれたそうだ。
      (14回目)鍼灸治療開始前、右眼の内視を押さえると少し肉厚な感じがあり盛り上がっていた。シュレム管組織である。それを押さえることが癖になっていた。押さえることで楽になっていた。今は、左右同じで、右眼の肉厚なものはなくなっている。
      (16回目)病院で眼圧等を測定したと報告があった。現在、病院治療はしていない。
      眼圧】右(患側)17mmHg、左(正常側)18mmHgであった。『眼圧』はこの症例の場合、参考にならなかった。
      視野】現在、像の見え方は、例えば、絵をじっと見つめると所々が点状に消えているが、視野に支障がなく、ほぼ正常に近い程に回復した。
      盛り上がりや緊張】背中から肩にかけて盛り上がりがあったが、それもすっきり消えている。20年位前から、はっきりと盛り上がりが見えていた。ノースリーブの服は、盛り上がりが恥ずかしくて着れなったそうだ。
      緑内障は治癒したと考えられる。この後、白内障の治療に集中した。

      (25回目)白内障の治療を継続してきたが、良くならなかった。
      (27回目)変化がでてきた。眼の重みが消え、視界がぼやけていたのが少し明るくなったような気がする。
      (30回目)治療継続。38歳の頃、右眼で景色を見ると黄色っぽい感じだった。筋肉は、弛緩して力が入らなかった。体温は33〜34度に下がっていた。この状態は、1ヶ月程で自然に緩解した。
      (36回目)患者様の感じによると、治療開始時に比べてよく見える。かつ、かすみ(視野の濁り)は、50%くらい軽減し、あまり、視野の濁りを感じなくなったとのこと。
      (39回目)

      【血圧】当初収縮期血圧85〜90/拡張期血圧45mmHgから、現在は、110/65mmHgに改善。

      【脈拍】当初45〜60回/分から、現在は、65〜70回/分に改善。

      【体温】当初35度台から、現在36.2〜36.5度に上昇し改善。
      (46回目)当初、両眼で視界の濁りに左右差があったが、あまり気にならなくなった。病院で白内障を検査したところ、「気にする程の症状はない」と診断された。病院の眼内検査結果では、「2ヶ月前の状態からは問題がないほど快方に向かっている」という結論だった。投薬もなかった。鍼治療はここで一段落させ、今後は10日から2週間おきに健康管理の鍼をして行くことにした。

      3ヶ月後、視野検査等を病院で実施した。結果は以下の通り。( )内は治療前の状態です。
      【視野】右眼の視野は、内視側に一部はっきり見えない箇所をわずかに残すが、それ以外の視野は、はっきり見える。(右眼の1/5程の視野欠損。視野検査では内視側(内側)と上部が見えない)
      【血圧】収縮期血圧120/拡張期血圧70mmHgを維持している。(収縮期血圧85〜90/拡張期血圧45mmHg)
      【脈拍】65〜70回/分を維持している。(45〜60回/分)
      【体温】36.3〜36.6度を維持している。(35度台)
      患者様の脈状は、正常な脈を維持していた。根本治癒した。

      緑内障と白内障が治癒したことに対し、ご家族からも感謝の言葉を戴いた。

      (追記2015年8月)
      根本治癒から1年後、患者様が緑内障のチェックに当鍼灸院に再来院されました。脈状は異常なく緑内障などの症状を示す経絡変動は全くありませんでした。白内障の症状も変化なく健康な身体でした。根本治癒が証明され、患者様には安心していただきました。

      以上

      「あん鍼灸院の治療方針」
      「あん鍼灸院で治る病症」
      「あん鍼灸院へのアクセス」
      「鍼の治療間隔と回数」
      (遠方よりお越しの患者様へ)

      **************
       脈診流調氣鍼法はり専門
       あん鍼灸院
       予約:087-887-1466
      **************

      | あん | 『緑内障などの眼疾患』 | 23:26 | comments(2) | - |
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
        あん (06/11)
      • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
        aya (06/10)
      • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
        emi (05/04)
      • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
        あん鍼灸院 (05/03)
      • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
        emi (04/30)
      • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
        あん (08/30)
      • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
        りえ (08/28)
      • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
        あん (03/22)
      • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
        篠崎 (03/21)
      • 遠方からの患者様へ
        あん (06/10)
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE